ブログ記事を書くときに気を付けるようになった事

ABOUTこの記事をかいた人

がみたか

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。 ・アクセスバーズ®プラクティショナー ・Webの何でも屋さん ・オルゴナイトのネットショップ店長 ・某コミュニティの技術サポート など、「お客さんの周りも笑顔にしたい」という思いで、あれこれやってます^^ 最近のお気に入りのマンガは「暗殺教室」で、ハマりすぎて何周したかわかりませんw

「がみたか.com」でご提供しているサービスはこちら!

どうも、がみたかです( ̄▽ ̄)

 

最近、「コピーライター」といって、
文章を書くことで収入を得ている方と、
繋がりができるようになってきました。

 

Webマーケターの伊藤さんは、
ライティングに力を入れておられる方で、

 

最近知り合った角田さんは、
生粋のコピーライターです。
(せどりもされているそうですがw)

 

で、その文章で収入を得ることができる
「コピーライティング」という技術ですが、
これは、コピーライターさんによって、
書き方や受け取る印象がちがうので、
これもまた、おもしろいところですよね^^

 

上記のお二方の場合ですが、

伊藤さんの場合は…
理論に裏付けられた、説得力のある文章。

 

角田さんの場合は…
仲の良い友人と話しているような文章。

といった感じです。
(あくまでも僕のイメージ)

 

そんな二人に影響されてか、
僕もライティングについて真面目に向き合い、
2点ほど気をつけながら、ブログを書いています。
(どちらかというと、角田さんの影響が大きいですがw)

 

今回はそれについてお話していきますね^^

 

 

その1.「読み易さ」を最優先する

僕がまず気を付けるようになったのは、
この「読み易さ」です。

 

具体的には…
・1行あたりの文字数は20~30文字にする。
・適度に行間を空ける。
・難しい漢字は使わないようにする。

こんなところですかね?

 

たまに文字が詰め込まれているブログを、
目にする事があります。

 

もうね、ギッチギチに文字を詰め込んで、
改行すらまともにしていないようなブログ…

まあ、その人のスタイルというのもあるし、
とても勉強になる事を書いているかもしれません。

 

でも、僕は一瞬で読む気が失せるので、
すぐにページを閉じますw
(否定しているわけではないので悪しからずw)

 

結局、読み易さというのは、
「読み手の負担を減らす」という事なんですね。

 

これは角田さんのライティング理論になるのですが、
1行あたりの文字数を減らすことで、
目の移動が少なくて済むようになります。

そうなると、目に余計な負担を感じないから、
意識しなくても、スラスラと読めてしまうんですね。

 

元々僕なりにこのブログでも、
読み易さには気をつけていたと思うのですが、
より読み手に負担を掛けない書き方に、
変わっていったという感じですね。

 

とはいえ同じように書かれたブログでも、
内容によっては途中で読むのをやめてしまうのですが、
それでも結構読んでしまっていますw

 

それぐらい読み易い文章って、
「読まれる」んですよね…

 

ブログを書く上で気を付けることのその1として、
「読み易さ」には気を付けるようになりました。

 

 

その2.想いを文章に乗せる

これは一番大事なんじゃないかな?と、
最近思うようになりました。

 

そう思ったきっかけなんですが、
アメーバプレスの不具合で、
WordPressと連動できなくなったので、
アメブロについては思った事を、
そのまま書くようにしたんですね。

 

そうしたら…

 

想いを載せた記事と、
そうでない記事で、
反応が明らかに違ったんですw

 

僕のアメブロの読者というのは、
ネットビジネス関係の人が多いので、
「ほとんどツールだろ?」
なんて思っていました。

 

それが、今までより「いいね!」を押してもらったり、
(といっても30以下ですがw)

Screenshot_73
(この差w)

「生きた」コメントをもらったり、
中にはよく知らない方が記事をシェアしてくれたり…

 

僕の中にあるアメブロのイメージが、
大きく変わったような気がします。

 

もともとそうだったのかもしれないので、
僕の捕らえ方が歪んでいただけかもしれませんw

ただし、これはちょっと大変です…

 

例えば嫁さんのコラボ企画を紹介した記事の場合、
そこに想いを乗せるには、
まず「知ること」が必要で「調べること」から、
入っていくんですね。

 

嫁さんはよく知っているので置いといてw

 

残りのお二人に関して、
徹底的にブログを読み漁って、
「どんな人か?」
というのを、調べていきました。
(ストーカーみたいですねw)

 

それらを踏まえて3人の事や、
コラボ企画に至ったストーリーを、
6時間かけて書いていきました。

 

結局は、
嫁さんを前面に出したような記事になったり、
6時間も掛かってしまったのは、
ライティングがまだまだ未熟なだけなんですが、
よく知らない人がシェアしてくれたということは、
心を動かす事ができたということなので、
書いてよかったと思っています。

 

それは僕自身が、

「たとえ1人でも届いてくれたらいい」

そんなスタンスで書いていますので^^

 

 

読まれてはじめて想いが伝わる

読んでくれた人に自分の想いを伝えるには、
まずは読んでもらわないと始まりません。

 

その為にも、読み手にストレスを与えずに、
読んでもらう構成にしたうえで、
自分なりの想い…まあ本音ですねw

 

そういったのを文章として乗せていけば、
もっと人間味が溢れて魅力のある、
そんなブログとして育てていけるかな?と、
僕なりに思いました。

 

ただ、そこは記事の内容にもよりけりですけどね(^_^;)

 

解説の記事の場合はそれに応じた書き方が、
たぶんあると思いますので、
それに応じた書き方になるのですが、
「記事の読み易さ」に関してだけは、
どんなジャンルの記事を書くときでも、
意識していきたいところですね。

 

長くなってしまいましたが、
最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>

この記事に共感していただけたら
いいね!をお願いします。

Twitter で

mineo

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^