【格安SIM】auからMVNOのmineo(マイネオ)に乗り換えたら携帯料金が4分の1になった話

マイネオアイキャッチ

ABOUTこの記事をかいた人

がみたか

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。 ・アクセスバーズ®プラクティショナー ・Webの何でも屋さん ・オルゴナイトのネットショップ店長 ・某コミュニティの技術サポート など、「お客さんの周りも笑顔にしたい」という思いで、あれこれやってます^^ 最近のお気に入りのマンガは「暗殺教室」で、ハマりすぎて何周したかわかりませんw

どうも、「癒せるブログのサポーター」がみたかです^ ^

 

さて、いきなりですが毎月携帯電話にいくら使っているかというのを把握していますか?

僕も一応把握していたのですが、今思うといろいろと無駄遣いをしてしまっていたみたいなので、これを機に見直してみました^ ^

そのビフォーアフターを書いていきますので、auでスマホを持ってる人にはぜひ参考にしてもらえたらと思います!

 

結果として、格安スマホmineoに変更することで、自分でもびっくりしたのですが月々の携帯料金が約1/4になりました。

と言ってもまったく怪しい方法ではなく、ただのMNPなので、少しでも携帯にかかるお金を節約したいと思った人には、とても有益な記事になっていると思います^^

MNP=モバイルナンバーポータービリティの略で、電話番号そのままで携帯キャリア(docomoやauなど)を変更できる仕組み

 

2016年までの携帯事情

我が家はauを10年以上使っており、機種代金が払い終わる2年毎に(たまにフライング気味にw)機種変更をしてきました。

現在は僕も嫁さんもauのiPhone6を使っています。

 

今や生活に欠かせなくなってしまったスマホですが、どんどん高くなってくる携帯料金を気にしつつも、大手携帯キャリア3社は特に違いも感じられず、どのキャリアもiPhoneも扱うようになったので昔から使っているauを使っていました。

そんな中、一応耳にはしていた「格安SIM

うちはauだから関係ない」なによりも「手続きとかめんどくさそう」という理由でしばらくスルーしていたのですが、この記事を読んで「よし!やってみよう」と思い腰をあげました。

スマホ節約を検討してる人は必見!格安SIMがなぜ格安か?についてまとめました|マネーの経験値

 

っていうか、どれぐらいコストを抑えられるか計算した時に、

なかなか動かなかった自分を思いっきり殴ってやりたくなりましたw

 

まずは、現在のスマホ代に関する計算をしてみましが…

 

我が家の携帯・スマホ代

ちなみに2016年12月の携帯・スマホ代はこのようになってます。

img_4543

2016年12月の携帯料金

  • iPhone6その1(機種代金込み残債最終回)9.325円
  • iPhone6その2(機種代金込み残債有り10,000円)8.743円
  • 子供携帯マモリーノ(機種代金支払い済み)1,540円

合計19,608円

月々これぐらいの支払いをしていたのですが、比較するものが無く「まあ、こんなもんだろう」と思って、特に気にせずそのまま使っていました。

知らないって恐ろしいですね(^_^;)

 

これが「格安スマホmineo」に変更することで4分の1になるとわかってしまったら、MNP(電話番号そのままで通信キャリアを変更できる制度)もあることだし、乗り換えない手はありません!

 

ですが、どれでも使えるSIMフリースマホではない場合、使えるMVNO(格安SIM)業者は限られてくるので注意が必要です…

 

auのiPhoneでMVNO(格安SIM)を選ぶ時の注意点

auのiPhone6は、SIMロックというものがかけられており、auの電波しか拾えなくなっています。

ただし、iPhone6s(SE含む)以降のモデルであれば「SIMロック解除」をする事で、docomo回線やSoftBank回線でも使うことができる(好きなSIMカードを挿して使うことができる)ようになります。

そのため、今の我が家ができるだけ初期費用を抑えてMVNO(格安SIM)を使うには、auの回線を使ったMVNO業者を選ぶ必要があるんですね(^_^;)

もちろんSIMフリーのスマホであれば、どの格安SIMでも選び放題ですが、携帯キャリア縛り(SIMロック)がかかっている場合は気をつけてくださいね!

 

いろいろ調べた結果、我が家がこれから運用するMVNO(格安SIM)は関西電力から出ている「mineo」という業者に決めました。

 

mineo(マイネオ)を選んだ理由

mineo%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e3%81%9d%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be%e3%81%a6%e3%82%99%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e4%bb%a3%e3%81%8b%e3%82%99%e5%ae%89

マイネオトップページ

我が家のスマホ運用に「格安スマホmineoを選んだ理由は以下の4つになります!

 

その1:auのiPhone6がそのまま使える

さっきも書いたように、うちのiPhone6はSIMロック解除ができないので、必然的にauのスマホが使えるMVNO(格安SIM)業者に絞られます。

また、「ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】」とうたっているように、au回線(プランA)docomoの回線(プランD)があり、auかdocomoの端末がそのまま使うことができます。

 

その2:関西電力のサービスである。

わが家のネット回線は関西電力の「eo光」という同じ関西電力のサービスなので、ネット回線とスマホの支払いをまとめることができる事が出来るんですね。

また、ポータルサイトの「マイネ王」と「eoID(eo光のID)」連携する事でデータ通信量が1GBプレゼントされます!

mineo%ef%bc%88%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8d%e3%82%aa%ef%bc%89%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88_-_%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8d%e7%8e%8b

マイネ王トップページ

 

その3:データ通信量と価格のバランスがいい感じ

基本的に家の光回線をWi-Fiで使っているので、LTEはあまり使う環境ではなく、auでは月に7GBの契約でしたが、2GBも使っていません(^_^;)

そのため3GBでも十分と判断しました。

3GBの場合だと、月額1,630円(通話ありのプランA・デュアルプラン)と、かなり安くなります!

また、回線を指定して繰越されるデータ通信量をメンバー同士でシェアしあう「パケットシェア」の設定する事で、2人で6GB(3,260円)という使い方もできます^ ^

mineoのデータ通信量は1ヶ月だけ繰り越すことができます。
%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%ef%bd%9cmineo_by_%e3%82%b1%e3%82%a4%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b3%e3%83%a0

後述のフリータンクに2GB寄付したため使用料がこうなっています。

 

その4:困った時のフリータンク

%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af_-_mineo%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%bc%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%a6%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

mineo(マイネオ)のポータルサイト「マイネ王」にあるサービスに「フリータンク」というものがあります。

フリータンクとは、データ通信量の余っている人が余ったが寄付をして、データ通信量が少なくなって困った人が最大1GB引き出して使える助け合いの仕組みのことです。

 

はじめからこれを目当てにして最低容量の契約(500MB/月額756円)にするのは如何なものか?と物議を醸してしますが、使う人のマナーに委ねているのが現状です。

2ヶ月ほど使ってみたところ、大半の人がデータ通信量を大きく余らせて、結局フリータンクに寄付をしている状態なので、このタンクが枯れ果てることはおそらく無いと思います。

それらのメリットに魅力を感じ、mineo(マイネオ)に乗り換えた計算をしたところ、驚愕の結果にww

 

auからmineo(マイネオ)に乗り換えると携帯代はどうなる?

まだ計算した段階ですが、我が家のスマホを格安SIMのmineoに乗り換えた時の携帯・スマホ代はこのようになります。

  • iPhone6 mineo「Aプラン 3GB」 1,630円
  • iPhone6 mineo「Aプラン 3GB」 1,630円
  • 子供携帯マモリーノ au 1,540円

合計 4,800円

 

ん?

 

 

よ、4,800円!!!

 

 

auでiPhoneの分割払いをしていたとはいえ、毎月20,000円近く支払っていたスマホ代が、毎月14,808円節約することができる計算になります。

 

いままでの4分の1ですよ! 4分の1!!!

 

注意:違約金や手数料は発生します

「毎月割」など、携帯キャリアの月々の割引には「2年縛り」なるものがあり、タイミングによっては解約の違約金や、機種代金の残債支払い(あれば)が発生します。

また、契約に関する事務手数料もかかってくるのですが、計算するとこのようになりました。

※人によって違約金は違ってくるので、MNPの予約番号をもらう時に確認してください。
  • au 解約違約金 3,240円 × 2台 = 6,480円
  • au MNP転出手数料 3,000円 × 2台 = 6,000円
  • au 機種代金残債一括 10,000円 × 1台 = 10,000円
  • mineo手数料 3,000円 × 2台 = 6,000円

合計 28,480円

これぐらいの費用が必要になるのですが、スマホ2台を「格安スマホmineo」にするだけで毎月14,800円節約することを考えると、たった2ヶ月でペイすることができるということがわかります。

また、月々の差額を考えても、1年で約150,000円も変わります。

それだけコストを抑えることができるということは、逆に考えて毎年150,000円損しているのと同じです(^_^;)

 

そのため、たとえ違約金があったとしても、乗り換えるのが早ければ早いほど、結果的にお得になります。

 

ああ…あのころの自分を思いっきり殴ってやりたいw

 

 

mineo(マイネオ)をお得に契約できる「エントリーコード」

mineo(マイネオ)には、「エントリーコード」というものがあり、このコードを使うことで事務手数料(3,240円)が無料になるクーポンみたいなものがあります。

それをコードを買うのに1,000円ぐらいするのですが…(^_^;)

 

少しでもお得にmineo(マイネオ)を始めたい人には、この「エントリーコード」をチョイスするのも良いかと思います^^

 

auからmineo(マイネオ)に乗り換えた場合に注意すること

もちろん、mineo(マイネオ)に乗り換える時は、いくつか注意することがあります。

 

その1:キャリアメールが使えなくなる

通信キャリアが変更になるので、今まで使っていた「@ezweb.ne.jp」や「@docomo.ne.jp」のメールアドレスです。

これらが使えなくなる代わりに「@mineo.jp」のメールアドレスを使うことができます。

事前にアドレスが変わることを知らせておく必要があるのですが、この際GmailやYahooメールなど、キャリアに縛られないメールアドレスを知らせておくと良いかと思います。

 

また、必ず2段階認証の送信先を確認、必要に応じて変更しておきましょう。

僕の場合、乗り換えてからGoogleの2段階認証をする時に、この部分がキャリアメールのドメインだったので震えましたw

mineoのSIMを挿すとauとの契約が自動的に解約されます。

僕の場合はログイン済みの別のパソコンから設定を変更できたので事なきを得ましたが、Googleに問い合わせても「ユーザーが確認できない」の一点張りだったので、スマホしかない人は特に注意して下さいね(^_^;)

 

その2:auのiPhoneだとテザリングが使えなくなる

mineo(マイネオ)のau回線「Aプラン」は通話やネットはできますが、iPhone・iPadではテザリングができません。

au回線を使っていた頃は、出先でテザリングをすることがあったので、いざなくなるとちょっと不便です(^_^;)

 

なので、au回線の頃にiPhoneでテザリングをしていたのであれば、ここは気をつけてください。

 

おまけ:mineo(マイネオ)でテザリングするなら?

au回線「Aプラン」ではAndroidのスマホ・タブレット、docomo回線「Dプラン」ではiPhone・iPadでもテザリングができるそうです。

もし出先でテザリングをするのであれば、

  • docomo端末もしくはSIMフリーのiPhoneを手にいれて、Dプランに変更する。
  • mineoで用意されているスマホ(Android)・タブレット・モバイルルーターと一緒に契約する。
  • LTEのモバイルルーターを手にいれて、シングルデータプランでもう1回線契約する。
  • Androidのスマホ・タブレットを用意して、お好きなプランでもう1回線契約する。

 

mineoとモバイルルーターの組み合わせを試してみました^^

mineo(マイネオ)のSIMをモバイルルーター「HDW15」で使ってみた。

 

本体料金は必要ですが、最低プラン(500MB/月額756円)で契約し、パケットシェアの設定をすれば、1回線増えたとしても携帯・スマホ代は以前よりかなり抑えられています

 

どうしても「auのiPhone6でテザリングのできる格安SIMが使いたい!」というあなたには、mineo(マイネオ)と比べてやや魅力半減になってしまいます。

  • 月額 1,980円(おしゃべりプランS)
  • テザリングオプション(無料)
  • データ容量 2GB/月(26ヶ月目以降は1GB/月)
  • 5分以内は何度でも通話料が無料
 

 

また、SIMのみ購入するプランの場合は、このようになります。

 

月々のデータ通信量が3GBで980円(通話込みで1,680円)。

これなら納得していただけると思います^^

auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQ mobile】

 

 

MVNO(格安SIM)mineo(マイネオ)のまとめ

このmineoに限らずMVNO(格安SIM)は、携帯・スマホにかかるコストが大幅に削減できるので、迷う時間は無駄でしかなく、すぐに導入するべきだと思います。

確かにキャリアメールが使えなくなるデメリットはありますが、今ではLINEやFacebookメッセンジャーで連絡を取ることが多いので、人によっては特にデメリットにはならないかもしれませんね^^

 

申し込むタイミングは20日あたりにMNPの予約番号を入手して、そのまま申し込むのがauの料金体系を考えると良いみたいです。

僕も12月22日にMNPの予約番号を入手し、24日にはSIMカードが届きましたが、SIMカードを入れるまで変わらないのではauのままなので、ギリギリの30日からmineo(マイネオ)を使い始めました。

あくまでも僕の環境ですが、通信も速くて(スピードテストで30Mbps)安定しているので、乗り換えて良かったと思います!

 

むしろもっと早く変えてりゃ良かったと後悔するぐらいですw

 

2017年もスタートしてしまいましたが、携帯・スマホ代が浮いた分を自分のために使ってみませんか?

mineo(マイネオ)への乗り換えのサポートもいたしますので、お気軽にご相談ください^^

 

では、今回はこのへんで!

ブログ運営者のためのサポート保険!

ブログのトラブルや困ったことに時間を取られて

自分のやるべきことが出来ていない人のためサービスです!

 

アクセスバーズ™️を詳しく知りたい?

アクセスバーズ™️を、わかりやすく解説したメルマガ講座やってます。

登録していただいた特典として、

アクセスバーズ™️のセッションを特別価格で受けていただけます^^

 

アクセスバーズ™️を受けてみませんか?

「脳のデトックス」で、頭の中をクリアに!

アクセスバーズ™️セッションのお申し込みはこちらまで^^

Facebookアイキャッチテンプレ02

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^