キンコン西野さんが作った「#レターポット」の始め方・安全な使い方

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長
アクセスバーズ™️プラクティショナー

最近は、ダークファンタジーもののマンガやアニメが好きすぎて困ってますw

確定申告に!使いやすくておすすめです^^

ブログサポーター渾身のサービス!

ブログ運営者のためのサポート保険『Blog-Relief(ブログリリーフ)』

単発スポットサポート(30分 3,000円〜)はこちら!

どうも、ブログサポーターがみたか(@gamitaka02)です。

一部で異様な盛り上がりを見せているお笑いコンビ「キングコング」の西野 亮廣さん。

著書「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」は一時SNSのタイムラインが真っ赤になるほど沢山の人が読まれていましたね。

がみたか
まあSNSでの話なので、僕の周りだけかもしれないけどね(^_^;)

 

さて、そんな西野さんがまたまたクラウドファンディングで開発費用を集め、「レターポット」というサービスを始めました。

2018年の宣言記事にも書いたように、僕もこの「レターポット」に登録し、細々とですがご縁を回させていただいています^ ^

そこで今回はそんな「レターポット」の始め方と安全な使い方について書いていこうと思います。

安全なというのはプライベートなSNSであるFacebookで登録するため、トラブルの相談がありました。

そのため、このページではセキュリティを少しだけ高める設定についても書いています。

 

「レターポット」とは?

そもそも「レターポット」って一体なに?と大半の人が思うでしょうねw

僕もうまく説明する事ができないので、公式サイトの説明を引用しますと…

やさしさを、贈ろう。
レターポットは、1文字5円で購入したポイントを使って、気持ちを伝えたい相手に手紙(レター)を贈ることができるサービスです。
引用:レターポット公式サイトより

いわゆるメールを使った電報のような感じで「文字(言葉)に想い(価値)を乗せて送るサービス」です。

1文字=1レターで換算して、購入したレターを使って誰かにレターを送る事ができます。

  • 100レター(100文字)=540円
  • 1,000レター(1,000文字)=5400円

また、いただいた文字はストックされ、誰かに送る事が出来るようになります。

この「誰かに送る」ということをみんなでやっていくことで、「受けた恩を次に回す(恩送りとも言う)」「ペイフォワード」を実感して、それを起点とした新しい価値を生み出そうというものです。

がみたか
西野さんの意図とは少し違うかもしれませんが、あくまでも個人的な見解です(^_^;)

 

「レターポット」に向かない人

現在、1文字5円のレターを回していこうという流れですが、今の所このレターは換金することができません。

なので、「恩送り」「ペイフォワード」に価値を感じない人はやらない方が良いかもしれませんね(^_^;)

 

レターポットの始め方

今の所このレターポットはFacebookのアカウントでのみ登録することができます。

Twitterでの登録も要望されてる人がいるので、そのうち追加されるかもしれません。

1.レターポットのログイン画面にアクセスして、「Facebookで登録」をタップ。

 

2.このような画面になるので、下にスクロールしていきます。

 

3.同意にチェックして「Fceebookから登録」のボタンをタップ。

 

4.あとは、連携画面が出てくるのでそのまま連携すると登録は完了です。

偉大な冒険家
登録だけなら1分も掛からんよ!

メイン画面はこんな感じですw

偉大な冒険家
レター少なっwww
がみたか
もらった分は次に送るとすぐに無くなるんよw

 

レターポットの使い方

登録したら、まずはじめにユーザー情報を編集しましょう。

なぜなら、もともとプライベートな空間であるFacebookアカウントと連携するので、匿名で利用したい人や女性の場合などのプライバシーを、少しでも表に出さないためです。

現在アイコンはFacebookで設定しているものが使われますが、変更することはできません。

 

いくら「恩送り」や「ペイフォワード」をコンセプトにした素晴らしいサービスでも、ビジネスチャンスに飢えた人や、出会い系と勘違いしている輩は一定数いますからね(^_^;)

がみたか
実際、Facebookのメッセンジャーから「会いたい」とかいうメッセージを執拗に送られるという目にあった方(女性)からの相談もありました(^_^;)

なので、登録したら「登録したよ!」というシェアをする前に(後述します)気になる人はユーザー情報を編集しておきましょう^^

 

ユーザー情報を編集する。

1.左上にあるハンバーガーメニューを開いて「設定」をタップ。

 

2.名前とメールアドレスを変更することができます。

ここで名前の後ろにツイッターアカウント(@付き)で載せておくと、シェアした時にアカウント名の部分がTwitterプロフィールのリンクになります^^

 

3.「Fasebookへのリンクを表示する」のチェックを外す

このチェックを外すことで、Facebookのプロフィールへのリンクが表示されなくなります。

・ビフォー

・アフター

これで「レターポット」から「Facebook」へアクセスされることは無くなったと思います(^_^;)

 

送るためのレターを確保する

今のところ登録ボーナスとかは特に無いので、送るためのレターを確保しないといけません。

大きく分けて2通りの方法があるのですが、

  • レターを購入する。
  • レターを送ってもらう

この二つで送るためのレターを確保する事ができます。

・レターを購入する

「レターポット」では、クレジットカード(VISA)を使ってレターを購入し、誰かに送る事が出来るようになります。

1.左上のハンバーガーメニューから「レターを購入する」をタップ。

 

2.1文字5円で換算し、100文字と1,000文字が選べます。

後はクレジットカード情報を入力すると購入することができます。

偉大な冒険家
VISAかマスターカードで買うことができるぜ!

 

・レターを送ってもらう

また、自分のアカウントをTwitterやFacebookでシェアする事で、優しい誰かがレターを送ってくれるかもしれませんw

そのため、人気のある人や信頼されている人は始めたことをお知らせすると、たくさんレターが送られてくるかもしれませんね^^

1.この画面から「Twitterにツイート」もしくは「Facebookに投稿」をタップ。

(ここではTwitterでシェアします)

2.いつも通りにシェアする(Twitterの場合)

3.ツイートされます。

この時に、名前に@マークの付いたTwitterアカウントを設定しておくと、プロフィールへのリンクになります。

ちなみにタイミングが良いと、西野さんがレターを送ってくれますw

がみたか
登録して数分で送られてきたので早すぎて鼻水出ましたw

 

レターを送る

レターが確保できたら、実際に送ってみましょう。

 

1.Twitterなどでプロフィールを公開されている場合が多いので、「この人に送りたいな」というのを決め、URLもしくはリンクカードをタップ。

 

2.「〇〇さんにレターを贈る」をタップ。

 

3.便箋を選ぶ。

便箋によって必要なレター数と、1文字あたりのレター必要数が違うのでよく確認してください^ ^

  • 「便箋5レター+1文字1レター」
  • 「便箋7レター+1文字5レター」
  • 「便箋10レター+1文字10レター」
仕様は予告なく変更されることがあります。
偉大な冒険家
スタート時は7レターの便箋も無かったしなw

 

4.送りたい文字を入力して「レターを送る」をタップする。

これで相手にレターが送られます^ ^

がみたか
ちなみにこの場合、9レター残っていたので、便箋に5レター使うと4文字贈ることができます(^_^;)
偉大な冒険家
少なっ!!

 

基本的なローカルルール

この「レターポット」を使うにあたり、西野さんがいくつかローカル(暗黙の)ルールを設定しています。

  • 見返りを求めない。(既読・未読スルーOK)
  • いただいた恩(レター)は次の人に贈る。(恩送り、ペイフォワード)

この循環ができれば、自分のところにもそのうち恩(レター)が贈られてくるので、それを次に回していきましょう^^

 

レターポットの始め方・安全な使い方:まとめ

レターポット」は、このページにある手順で一通り使うことができます。

その他便利な使い方や、コミュニケーションなどは、Twitterで「#レターポット」のハッシュタグを検索すると、使っている人がたくさん出てきますので、よく見てレターを送ってみましょう^^

きっと喜んでもらえると思いますよ^^

もしこの記事が役にたったのであれば、ぜひレターを送っていただけたらと思いますm(_ _)m

がみたか
責任を持って次に繋げていきます!

 

では、今回はこの辺で!次の記事でお会いしましょう^^

ブログ運営者のためのサポート保険!

ブログのトラブルや困ったことに時間を取られて

自分のやるべきことが出来ていない人のためサービスです!


『ちょっと困った』時のスポットサポート!

WordpressやWebに関する「ちょっと困った」を、

30分 3,000円〜で解決するサービスです!


Wordpressのお引越し!

安心・安全・快適で、ブログサポーターがおすすめする、

Xサーバーへのお引越しを代行します!


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^