Twitterによる拡散戦略について考えてみる…

ABOUTこの記事をかいた人

がみたか

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。 ・アクセスバーズ®プラクティショナー ・Webの何でも屋さん ・オルゴナイトのネットショップ店長 ・某コミュニティの技術サポート など、「お客さんの周りも笑顔にしたい」という思いで、あれこれやってます^^ 最近のお気に入りのマンガは「暗殺教室」で、ハマりすぎて何周したかわかりませんw

「がみたか.com」でご提供しているサービスはこちら!

ここ最近ずっと「フォローマティックXY」の仕込みをしていますw

 

Bot用の面白い画像を探していると、

逆に自分が笑ってしまうので作業になりませんw

 

どうも、がみたかです( ̄▽ ̄)

 

今回も「フォローマティックXY」に関する記事になります。

興味が無ければページを閉じてくださいねw

 

 

さて、先日から運用している「フォローマティックXY」ですが、

自動フォローにムラが出てきました(;´∀`)

Screenshot_12

一日にフォローする数にバラつきがあるんですよね…

 

上二つは順調にフォロー&フォロワーが増えてきているのですが、

真ん中二つはすぐに終了してしまいます…

 

同一IPから大量にフォローしても、アカウントの凍結につながるので、

勝手にセーブされるのか、絞込み条件がニッチすぎるのかw

 

しばらくは条件を無しにしてみます…

 

 

さて、画像のように、現在複数のアカウントでTwitterを運用しています。

なぜ複数持つ必要があるのでしょうか?

 

 

これは、この「フォローマティックXY」の一番の強みに関わってきます。

 

前回の記事で「リツイートによる拡散」を例に出しましたが、

この「リツイートによる拡散」を自分の複数アカウントの中で起こしていくのが、

「フォローマティックY」の特徴になります。

 

これはマニュアルにも書かれていたのですが、

例えば…

 

・アカウントAのテーマが「車」フォロワー100人

・アカウントBのテーマが「釣り」フォロワー100人

・アカウントCのテーマが「野球」フォロワー100人

 

だったとします。

 

わかりやすい話が、このアカウント内でリツイートをしあうんです。

自動でw(時間設定あり)

 

そうすることで、「車」が好きなフォロワーさんの中に、

「釣り」が好きな人もいるかもしれない…

「野球」が好きな人もいるかもしれない…

 

そういった人の目にとまるといったこともおきます。

それだけ莫大な数になれば、ひとりぐらいは要ると思いますw

 

もしいなければ、かなりニッチなので独自のアプローチが必要になりますね(;´∀`)

 

他にも自動ツイートの機能が「フォローマティックY」に付いていますが、

不安定なので、ここは別のサービスと併用が良いと思います。

 

twittbot」(Bot作成サービス)

 

例えばBotにブログやLPのURLを定期的にツイートして、

それをリツイートで拡散することで、より多くの人に広げることができます。

 

でもね…

 

肝心なのはそこから先ですw

 

これは、あくまでも「集客」に特化したツールです。

 

そこからのコンテンツが大事なので、まずはそちらをしっかり構築してから、

こういったツールで集客をするべきです( ̄▽ ̄)

 

ツールは所詮ツールなんですよw

 

そこを「楽に稼げる!」と勘違いして、努力もせずに挫折して、

詐欺扱いする人が多い、このネットビジネス業界w

 

 

まあ、そういう人は、次から次へと「楽をするために」商材を買い続けるので、

作成者がどんどん儲かっていくんですね( ̄▽ ̄)

 

 

僕はとりあえず…ブログカスタマイズの特典として応用できないか考え中…

もし面白いツール使い方があれば、フォローマティックに限らず、僕に教えてください^^

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

mineo

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^