【tsū】そういえば、アレってどうなった?

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長
アクセスバーズ™️プラクティショナー

最近は、ダークファンタジーもののマンガやアニメが好きすぎて困ってますw

どうも、「癒せるブログ屋さん」がみたかです。

 

あなたは「稼げるSNS」などの謳い文句で一時話題になった「tsū」っていうのを覚えていますか?

 

騒ぎ出したのが、今から(2015.6.1現在)半年ぐらい前の話になるんかな?なんかもっと昔のような感じがするんだけど…

 

で、賛否両論(否定の方が多い気がw)あったけど、僕も早い段階でアカウントを作ってよくログインしたり、こんな記事を書いたなw

「tsū」とかいう報酬発生型SNSに登録してみた。

「tsū」を1週間見てきて思った事

 

お気に入りのアカウントが更新しなくなったのもあって、すっかりログインすることもなくなったんだけど、ふと思い出したので改めてこの「tsū」を通して思った事とかについて書いてみようと思う。

 

 

「tsū 」の現状

なんかふと思い出したので久しぶりにログインしてみたんだけど、一応サービスとしては続いている感じです。

 

ただ、かつての勢いは無く、落ち着いたというよりは「オワコン」といった感じが否めません。

 

今でも投稿している人はいるんだけど、当初からよく見る人たち…初期の頃からいる人かな?

それと外人さんの投稿が混ざっている感じですね。

 

まあいいやw

これを機にアカウントを削除したのでもう見れないし(*´∀`) 

 

 

あらためて「tsū 」を通して思ったこと

冒頭にも書いたように、「かなり昔のこと」みないな感じになっているので、あまりはっきりとは思い出せませんが…

 

今思えば「全くの時間の無駄では無かった」とは言えます。

その理由をいくつか挙げていくと…

 

「仕掛ける少数と仕掛けられる大多数」の図を見ることができた。

仕掛ける側は誰よりもその環境を知ろうと、めちゃくちゃ調べてたと思う。

誰もが手探りの状況だと、環境や仕組みを誰よりも早く理解するだけでかなりのアドバンテージになるからね^ ^

俗に言う「先行者利益」とかいうやつです。

 

まあ、そうしてノウハウを集めた人がセミナーを始めたり、ネットビジネスで有名な人のプロダクトローンチが始まったりして、ニュースフィードが無料オファーで溢れかえったんですね。

 

はじめは規制なんてなかったので、それはもう酷いもんだったw

今はどうなんだろう?と一通りざっと見てみましたが、次の項目の理由からかそういった投稿は見ませんでしたね。

 

稼げないSNSだったw

「稼げるSNS」というキャッチコピーがあったんだけど、その報酬の分配システムがネズミ講みたいだったから反対派が多かったのも事実。

 

確かに広告収入をユーザーで分配するとはいえ、謎の部分が多かったなw

しかも4人で分配するのであまりにも少なく、僕も普通に投稿してシェアをするぐらいだったけど、結局1.5ドルぐらいしか稼げていないw

 

チルドレン(自分より下層の人)が多ければ多いほどあちこちから報酬のおこぼれが入るんだけど(どうやって報酬が発生するのかは謎でしたが)影響力のある人が大量にチルドレンを抱えてたな…

 

そうなると、僕みたいな普通で影響力の無い個人が稼ぐにはかなりきびしい。

まあ何かしらの方法はあったのかもしれませんが…

 

そんな影響力のある人が毎日投稿しているのを見て「あんまり稼げない」と大衆の本能が察知したんだろうね。そこから一気に過疎が進んだw

僕も稼げないし、お気に入りのアカウントが更新しなくなったので、ログインもしなくなりました。

 

なので、その後に起こったこと、今はどう変わったのかなんて、さっぱりわかりません。

久しぶりにログインした時は、ちょっとインターフェイスが変わったかな?という程度だった。

 

今はアカウントを削除したので、もう見れませんがw

 

 

でも、はじめは楽しかったw

tsū」が始まってあまり日が経っていない頃から参入したのですが、今思うと不透明な先行きのなかで、手探りでいろいろ試していくというのが、楽しかったんでしょうね(^_^;)

 

海外の人とコメントのやり取りなんかも短文だったけど楽しかった。

 

はじめはね…

 

外人さんにもクソみたいなアフィリエイターがやっぱりいるもので、そのうちコメントにアフィリリンクをガンガン貼り付けてくるのもいました。

 

あ、もう撤退してると思うけど、日本人でもそんなクソみたいなのがいましたよw

 

そんなのがあまりにも増えてきたのでうんざりしたのもログインしなくなった原因です。

(あと全然稼げなかったのもw)

 

まとめ

そんなこんなで、「やっぱりFacebookが良いやw」となって現在に至るんだけど、中途半端だったとはいえ「tsū」に関わらないとFacebookの良さを改めて知ることも無かったので、そういう点では「無駄ではなかった」と思います。

 

ん?ああ、それだから「Ameba Ownd」にも手を出しちゃうんだな…

あっちは、はじめから盛り上がる事すらない感じだけどねw

 

そのうちAmeba Owndもこのように書くのだろうか…まあいいやw

 

それでは、今回はこの辺で!

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^