Webサイトの通信セキュリテイを強くする「常時SSL(https)設定サービス」

通信を暗号化することで、悪意のある第三者からの情報漏えいや通信の覗き見、ハッキングなどの攻撃を防いでWebサイトのセキュリティを向上してくれる「常時SSL(https)化

 

今では僕ががイチオシするサーバー「Xサーバー」だけでなく、「wpXサーバー」や「さくらサーバー」、「ロリポップ」でも無料で常時SSL(https)が設定できるようになりました。

 

この常時SSL(https)化は、自分でも調べながらでもやれないことはないのですが、

  • サーバーによって同じように設定してもうまくできない時がある。
  • https://〜にアクセスすると表示が崩れてしまう時がある。
  • 完全なSSL状態(緑の鍵)にならないし、原因を探すのにコツが必要。

など、意外と手間と時間が必要です。

 

そんな常時SSL(https)化の設定を、忙しいあなたに変わって「ブログサポーターがみたか」が設定するサービスが、この「常時SSL(https)設定サービス」です。

 

このサービスは、こんな人におすすめです!

もちろん、まだ常時SSL(https)化をしていない人全てにオススメするわけではなく、以下のような人にオススメしています。

  • 常時SSL(https)化をしたいけど、設定する時間がどうにも取れない人。
  • SEOにも良いと聞いたので今のうちにやっておきたいけど、どうすればいいかさっぱりわからない人。
  • ネットショップを独自ドメインで運営している人。
  • 個人情報を詳しく入力するお申し込みフォームがWordpress内にある人。

上記では、ネットショップや申し込みフォームをお持ちの人はユーザーの安全を確保するためにも、早急に常時SSL(https)化をすることをオススメします。

 

「常時SSL(https)設定サービス」の流れ

このサービスでの作業内容とその流れをWordpressに行うと、以下のようになります。

常時SSL(https)化は、プラグインを使ってサクッと対応することはできますが、一つずつ確認しながら確実に進めていきたいので、できる限りプラグインは使わず、ほぼ手動で設定しています。

 

1.SSLの設定

使っているサーバー側でSSLを使う設定を行います。

設定が適用されるまで小一時間かかります。

また、サーバー引越しと同時にご依頼の場合は、ネームサーバーが切り替わった後に設定します。

2.常時SSL(https)の初期設定

まず、サイトURLやプロフィールアイコン(設定して入れば)を「https://」に対応させて、管理画面内を完全なSSL状態(緑の鍵)にします。

3.トップページを完全なSSL状態(緑の鍵)にする。

ウィジェット(サイドバーやフッター)やグローバルメニューを「https://〜」に対応させる。(主にURLの編集や画像の置き換え)

「外観」→「カスタマイズ」からも修正して、トップページを完全なSSL(https)化にする。

4.記事内にあるURLの修正

プラグイン「Search Regex」を使って、「http://〜」のところを「https://〜」に一括で編集する。

たまにあるのですが、サーバーとの相性や何らかの理由で修正プラグインが動かなかった場合は、手作業で修正していきます。

また、その場合も直近50記事までが基本料金での確認範囲となります。

5.サイト内(下層ページ)の確認と混在コンテンツのピックアップ

下層ページ(投稿記事や固定ページ)を1ページずつ確認して、混在コンテンツ(httpsだけど緑の鍵ではない状態)の修正もしくは、URLのピックアップする。

また直近50記事は基本料金に入っていますが、それ以上の記事数はオプションとしています。(1記事あたり+50円。)

6.301リダイレクト設定

常時SSL(https)化を行った後でも、しばらくの間検索エンジンには「http://〜」と表示されます。

それらのアクセスを「https://〜」にリダイレクト(自動転送)してあげる必要があり、確認作業が完了後に「.htaccess」というファイルにコードを追加することで301リダイレクトの設定を行います。

また、この301リダイレクトをすることで、「http://〜」に貯めたGoogleの評価を「https://〜」の方へ引き継ぐことができます。

7.SNSのシェア数を復旧(オプション)

SNSのシェア数は、URLごとにデータが蓄積され、「https://〜」は別のURLという扱いになり、シェア数がリセットされてしまいます。

特にブロガーさんの中では、このシェア数のリセットがネックになって常時SSL(https)化に踏み切れない方も多いのですが、僕がこれまでに培ってきたノウハウを、フルに使ってシェア数を復旧を目指します。

 

8.完了と各種設定のご案内

以上で常時SSL(https)化の設定作業は完了です。

あとは、Google Analyticsの設定と、Google サーチコンソールの追加登録をご案内して設定サービスの完了とさせていただきます。

 

よくある質問「Q&A」

この「常時SSL(https)設定サービス」に関する疑問・質問をQ&A形式でお答えします^^

Q.作業にかかる料金はいくらですか?

A.基本的に「1サイト 20,000円+オプション」となります。

詳しくはこちら!

 

Q.作業時間はどれぐらいかかりますか?

A.記事数によりますが、何事も無ければ23日で完了します。また、作業期間中はログインおよびブログの更新をしていただいても大丈夫です^ ^

 

Q.作業時にプラグインは使用しますか?

A.常時SSL化の作業では、一括編集ができる「Search Regex」と、SNSのシェア数を取得(オプション)する「SNS Count Cache」は追加でインストールします。

それ以外は基本的に手作業で設定をしていきますが、場合によってはSSLのプラグインを使う場合があります。

 

 

Q.全ページで完全なSSL(緑の鍵)にできますか?

A.混在コンテンツの原因として多い「古いアフィリエイトリンク」が無ければ、おそらく可能です。
もしあった場合でも、そのページURLをピックアップしますので、依頼者様の方でリンクを貼り直していただくことで緑の鍵にすることは出来ます。

※現在は大半のASPでも対応済みです。
※アフィリエイトリンク以外で混在コンテンツのページとなる場合があります。

 

Q.「混在コンテンツ」って何ですか?

A.https://〜」のページの中に「http://〜」のリンクが混ざっているページのことで、「古いアフィリエイトリンク」や「画像リンク」に「http://〜」があると「保護された通信|」とならず、画像のような状態になります。

※混在コンテンツは、今のところSEO(検索エンジン最適化)には特に影響はありませんが、今後どうなるかはGoogleの気分次第です(^_^;)

 

Q.サーバーごとに料金が違うのはなぜですか?

A.サーバーによって中の仕様が異なり、特にさくらサーバーは経験上手間がかかるため、Xサーバーより高めの料金設定をしています。

 

 

Q.SNSのシェア数は引き継ぎできますか?

A.プラグイン「SNS Count Cache」を使うことで、ほぼほぼ復旧することができますが、「http://〜」の頃のシェア状況によっては、完全に復旧できない場合がございます。

また、これはオプション扱いとなりますが、ご自身で行う場合は目的に合ったブログ記事をご案内いたします。

もし出来なくても、後日「スポットサポート」という形でもお手伝いいたしますのでご安心ください^^

 

Q.常時SSL(https)化によるSEOへの影響はありますか?

A.Twitterを見ているとアフィリエイターさん達が「SSL化をしたら検索順位が飛んだ」というのを見かけますが、どんな作業をして飛んだのかがわからないので何とも言えません(^_^;)

ですが、僕がSSLの設定した依頼者様に限っては、301リダイレクトの設定で評価を引き継げているのか、そのような声をお聞きしていないので、SEOへの影響は特に無いと思っています。

※すぐに戻りますが、超短期(1〜2日)では検索順位に若干の変動があります。

 

Q.依頼する側でやっておく作業は何かありますか?

A.作業中には特にありませんが、作業完了後に以下の作業をしていただくようアナウンスしています。

  • Google Analyticsなどのアクセス解析の設定。
  • サーチコンソールに「https://〜」を追加で登録。

 

 

他にも疑問があれば、お見積もり時に「備考欄」にご記入いただけたら、見積書を作成する前にお答えいたします。

 

「常時SSL(https)設定サービス」の料金

このサービスの料金体系は「基本料金」+「オプション」となっており、それぞれの料金は以下の通りになります。

※価格は予告なく変更する場合があります。

 

基本料金

ご利用のサーバーによって料金が変わります。

Xサーバー 20,000円
wpX 20,000円
ロリポップ 20,000円
さくらサーバー 25,000円
その他のサーバー 23,000円

・混在コンテンツの確認作業は、直近50記事が基本料金での範囲となります。

 

オプション

・混在コンテンツの確認作業(追加分):1記事あたり +50円

・SNSシェア数の復旧:5,000円〜15,000円(状況によってはシェアボタンの貼り換えが必要になるため、その場合はスポットサポート2.5hで計算しています)

お見積もりの例)

Xサーバーで120記事のWordpressを、確認作業の追加とSNSシェア数復旧オプション込みで依頼した場合。

  • 基本料金 20,000円
  • 確認作業の追加分 50円×70記事=+3,500円
  • SNSシェア数復旧オプション 5,000円

合計 28,500円

 

常時SSL(https)設定サービスのお申し込みの流れ

設定作業の流れは前述した通りですが、お申し込みの流れは以下のようになります。

 

1.お見積もりフォームより必要事項を入力していただき、送信する。

2.フォームの内容より見積書(PDF)を作成し、お返事いたします。

3.見積書に納得いただけましたら、指定口座へ作業料金をご入金いただき、以下の情報をお送りください。

・サーバーのログインID
・サーバーのログインパスワード
・WordpressのURL
・Wordpressのユーザー名
・Wordpressのパスワード

4.常時SSL(https)設定作業に取り掛かります。記事数にもよりますが、作業時間は2〜3日程度です。

5.完了後にGoogle Analyticsとサーチコンソールの設定案内をして完了とします。

 

作業完了後も、疑問や聞きたいことがあれば、ご連絡いただければ可能な範囲でお答えいたします^^

 

「常時SSL(https)設定サービス」お見積もりフォーム

常時SSL(https)設定サービスは事前にお見積もりが必要なサービスです。

お手数ですが以下のフォームにご記入いただき、確認のチェックを入れてから送信をお願いします^^


XサーバーwpXロリポップさくらサーバーその他のサーバー


1つ2つそれ以上(備考欄へ記入)


   ※複数サイトの場合はサイトごとにご記入ください。


必要不要


必要不要

←送信ボタンを押す前に必ずチェックを入れてください

 

もし、自分で常時SSL(https)化をやろうとしたけど、トラブルが起こってどうしようもなくなってしまった場合は、「スポットサポート」にお問い合わせいただければ、何かしら力になれると思います^^