Amazonマーケットプレイスとヤフオク!を、独断と偏見で比較してみた。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長
アクセスバーズ™️プラクティショナー

最近は、ダークファンタジーもののマンガやアニメが好きすぎて困ってますw

ちょwwダンボーそれはやめろwwww(アイキャッチ)

 

どうも、ブログサポーターがみたかです。

 

不用品の処分や、せどりを含む転売において、なにかとお世話になる人が多いサービス

  • Amazonマーケットプレイス
  • ヤフオク!

僕は主に不用品の処分で利用していて、昔はヤフオク!ばっかりでしたが、

(というか、それしか知らなかったw)

最近はAmazonの方も利用しています。

 

他にもこういったサービスはたくさんあるのですが、僕はこの二つしか使っていないので、

その他のサービスについての比較は割愛しますw

 

 

ヤフオク!に関しては、パソコンを初めて手にした頃から使っているのですが、

14~5年利用しているのに、評価がまだ100を超えたぐらいなので、

そんなに頻繁には使っているというわけではありません…w

 

不用品の売却はもちろん、ネットで買い物=ヤフオク!といった感じでした。

ですが、Amazonを知る事でこのヤフオク!のメリット、デメリットが少し見えてきたので、

このブログに残しておこうと思います^^

 

サイトの比較

どちらもマーケットとしてはものすごく大きいです。

 

ただし、僕が使う限りはどちらもオールマイティではない印象があるため、

商品によって使い分けています。

 

例えば…本、CD、DVDなどはこちらのAmazonで出品して、

趣味である車関係や値段を付けるのに微妙なものはヤフオク!で出品しています。

 

本やCDなど、Amazonにデータがあるものはこちらで出品するのが非常に楽です^^

ですが、デメリットとして、同じ商品がいくつかあれば、その中から選んでもらわないと、

利益にはなりません。

 

特に古いけど高値で売れそうなもの(プレミア付いたようなもの)なんてのは、

なかなか売れませんw

 

そこは、紹介文やFBA(Amazon配送サービス)にもよるかもしれませんね…

FBAから商品を発送する場合は、購入者に送料が発生しませんからね(;´∀`)

 

一方ヤフオク!では、車のパーツなどAmazonで探しにくいもの(しかも中古)が

探しやすいという印象があります。

 

しかもオークション形式なので、出品した時の価格よりも上がる可能性があり、

想定以上の値段になることもあります。

 

現金化の比較

これは「いつ現金が銀行口座に振り込まれるのか?」ということですが、

Amazonは定期的に計算してから銀行口座へ振り込まれるので、そこそこタイムラグがあり、

ヤフオク!は取引中に入金の銀行口座を指定できるので、Amazonよりはるかに早いです。

 

「かんたん決済」で支払いをされたとしても、2~3日で入金されるので現金化としては、

ヤフオク!に軍配があがるんじゃないかな?と思います。

 

あと、ヤフオクでは商品代金+送料となるのですが、送料は落札者の着払いにすると、

こちらの送料の負担はありません。

 

支払いの順序もAmazonとヤフオク!は違っていまして、

まずAmazonの方で代金を徴収してくれるので、支払いによるトラブルは少ないと思います。

(なかなか振り込んでくれないとかいうトラブル)

 

ついでと言ってはなんですが…

 

Amazonの場合は、ジャンルによって送料分が先にもらえます。(250円とか350円w)

ヤフオク!が「商品代金ー各手数料=利益」で、

Amazonが「商品代金+送料ー手数料=利益」といったところですかね?

 

購入後の比較

ヤフオク!は落札後のやりとりが正直面倒なので、Amazonの方が非常に楽ですw

 

売れたらその商品を発送するだけだし、FBA(日本各地にあるAmazonの倉庫)に

予め商品をまとめて送ってしまえば、あとはAmazonがやってくれます。

 

僕はAmazonにはそんなに出品していないので利用はしていないのですが、

転売とかやってる人で、大量に商品を扱うほとんどの方がこれを利用しています。

 

いくらか手数料が掛かりますが、発送の手間とAmazonから発送という安心感もあり、

普通に出品するより売れやすいそうです。

購入者は商品代金+送料をその場で支払いますが、FBA出品の場合は送料が掛からないと

いうのも売れやすくなる要因なのかもしれませんね^^

 

まとめ

この2つのサービスも、一長一短あるので、上手に使い分ける事が大事です。

ひとつ例を挙げると、本やCD,DVDなどメール便で送れるものはAmazonにして、

予めAmazonからもらえる送料(約250~350円)の差額も利益にしてしまうことが

できます。(メール便は82円もしくは164円で済みますから)

 


 

2015/1/30追記:

クロネコメール便は2015年3月末を持って廃止されることが決まりました。

4月以降は「定形外郵便」や「レターパック」など、

その他のサービスをご利用ください。

 

もしくはメール便に変わるサービスができるかもしれないので、

それを利用していくと良いかもしれませんね^^

 

2015/5/4追記:

クロネコメール便の代替えサービスに関する記事を書いています。

Facebookで公開した時に、意外と知らないという声が多かったので、ぜひ読んでみてください^^

郵便局の「クリックポスト」を知らずにゆうメールで倍近い送料を払った話

 


 

 

それ以外の大きなものはヤフオク!に出品して送料を落札者持ちにすることで、

余分なコストを下げる事ができます。

 

ただし、これが全てというわけではなく、出品前にヤフオク!とAmazonでの価格は

調べておいたほうが良いです。

 

どうせなら高く売れそうなところで出品したいですからね^^

 

ついでにいうと、ヤフオク!とAmazonの価格差を使った転売も考えようによっては

十分できるので、副業として何か始めるならまずはこの方法が良いんじゃないか?と、

個人的には思っています。

 

店舗に出向かなくても、仕入れと出品がパソコン上でできますからね^^

 

長くなりましたが今回はこの辺で!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^