オルゴナイトやレジンクラフトに使うオススメの2液レジン液を3種類比較してみた。

ABOUTこの記事をかいた人

がみたか

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。 ・アクセスバーズ®プラクティショナー ・Webの何でも屋さん ・オルゴナイトのネットショップ店長 ・某コミュニティの技術サポート など、「お客さんの周りも笑顔にしたい」という思いで、あれこれやってます^^ 最近のお気に入りのマンガは「暗殺教室」で、ハマりすぎて何周したかわかりませんw

「がみたか.com」でご提供しているサービスはこちら!

どうも、がみたかです。  

この記事では、おすすめの2液混合レジンと、その比較を書こうと思います。

この2液レジンはUVレジン液とは使い方が大きく異なるので、オルゴナイトの形や大きさでUVレジン液と使い分けるようにすると良いと思います^^

UVレジンについての記事はこちらです。

オススメのUVレジン液4種類をレジン作家の目線で比較してみた。【ルスター・パジコ・キヨハラ・100均一】

2017.07.15
本題に入る前にちょっと宣伝をw

オルゴナイトのネットショップ「苺一会(いちごいちえ)」をちょこっとリニューアルしました!

よかったら見に来てくださいね^^

詳細はこちら→オルゴナイトのネットショップ「苺一会(いちごいちえ)」

 

2液レジン液とは?

2液レジンは「エポキシレジン」とも呼ばれることがあり、「エポキシ樹脂」と「硬化剤」を決められた割合で混ぜることで、常温で24時間〜48時間かけて硬化するレジン液です。

気温が低かったり湿度が高いと硬化するのに時間が掛かったり、思うように硬化しなかったりする場合があるので作業環境に注意する必要があります。

 

2液レジンを使うメリット

2液レジンのメリットとしてはこれらです。

  • 大きいもの、厚みのあるものを作るのに向いている。
  • コストパフォーマンスが良い(UVレジン液の倍!?)

 

大きいものや厚みのあるものを作るのに向いている

手軽にレジンクラフトやオルゴナイトを作るのであればUVレジンを使うのですが、2液レジンはUV(紫外線)を当てて固めるわけではないので、大きめのものや厚みのあるものを作る時に便利です。

by カエレバ

 

コストパフォーマンスが良い

また、UVレジンと比べて内容量が多いので、コストパフォーマンスもUVレジン液よりもかなり良いです。

レジン液 KIYOHARA UVクラフトレジン液 55g UVR55G  定価 3,132円

日新レジン クリスタルレジンNEO 300gセット 定価 3,260円 

同じような値段でも、容量がUVレジンの約5.5倍あります。

 

2液レジンのデメリット

2液レジンのデメリットとしてはこれらがあります。

  • エポキシ樹脂と硬化剤の配分がシビア
  • 気泡が混入しやすい。
  • 皮膚に触れると良くない。(これはUVレジンも同じ)
  • 固まるのに時間が掛かる。(24~48時間程度)

 

エポキシ樹脂と硬化剤の配分がシビア

エポキシ樹脂と硬化剤の配分は商品によって決まっているので、ここはしっかりと守る必要があり、配分があっていないと硬化不良(固まっていないゲル状の部分ができたり、硬化時間が余分に掛かったりする)を起こす可能性が高くなります。

それぞれの割合は説明書に書かれているので、キッチンスケールなどを使って配合してくださいね^^

シビアなので0.1gまで測れるキッチンスケールだとベターです。
by カエレバ

 

気泡が混入しやすい

2液レジンでは、エポキシ樹脂と硬化剤を一つのコップに入れて混ぜる作業があるのですが、この混ぜる作業(攪拌=かくはん)作業をする時にかなりの確率で気泡が混入してしまいます。

この気泡に関しては、使用する2液レジンや混ぜる道具である程度抑えることができるので、こちらの記事を参考にしてもらえたらと思います^^

レジンを使う時にできてしまった気泡の消し方と予防方法

2015.11.19

 

皮膚に触れると良くない

これはUVレジンも同じように気をつけないといけないのですが、2液レジンの場合は混ぜる作業があるので、なおさら気をつける必要があるんです(^_^;)

どちらのレジンも薬品に近いものなので、ビニール手袋等で保護するのはもちろん、もし皮膚に付いてしまった場合はすぐに洗い流しましょう。  

by カエレバ

固まるのに時間が掛かる

はじめにも書いたのですが、UVレジン液だと太陽光やUVライトに当てると、品質の良くないUVレジンでも長くて30分以内には硬化できるのに対して、2液混合レジンは1日(24時間以上)かけて硬化します。

なので急ぎで作りたい時には2液レジンは向いていないという事になります。

発送前に製品不良が発覚した時は、UVレジンで作り直したことがあります(^_^;)

 

これらのデメリットを考慮しても使う価値はあるので、レジンクラフトを作っていく時はUVレジン液と上手く使い分けてくださいね^^  

 

2液レジンを比較する

UVレジン液の時と同じように、今までに使った2液レジンについて印象に残っているものベスト3について書いていきますね^^

3位 スーパーアイスレジン

by カエレバ

  ただ、気泡は混入しやすかった記憶がありますね(^_^;) 可もなく不可もなくの2液混合レジンで、透明感も良かったです。

アイスレジンの作品

スーパーアイスレジンて作ったオルゴナイト

 

2位 日新レジン クリスタルレジンNEO

by カエレバ
クリスタルレジン2は取り扱いをしていないため、後継モデルっぽいNEOに入れ替えました。

イメージとしてはこのような感じになります。

クリスタルレジン2

クリスタルレジン2で作ったオルゴナイト

 

1位 艶 二液性エポキシクラフトレジン液ハードタイ

ここで紹介した2液レジンの他にもいろいろ試してきたのですが、その中でもこの2液レジンがぶっちぎりで良かったので1位にしました。 見た目は「いかにも業務用」って感じですが、

  • 仕上がりの品質(透明感)
  • コストパフォーマンス
  • 気泡混入のしにくさ
  • 使いやすさ

これらがかなりハイレベルでありかなり使いやすいので、もし初めての2液レジンだったとしても「とりあえずこれだけ使っとけば大丈夫!」と、自信をもっておすすめできるものです^^

また、オルゴナイトを作るプロである嫁さんに「これならリピートで使いたい!」と言わせるだけの価値があるので、レジンクラフトを作った事がある方はもちろん、これから始めたい人でも一度使ってもらえたらと思います!  

現在このレジン液をメインで使っており、UVレジンも同じメーカーで揃えようと思います^^

オルゴナイト作りのプロが『ルスターグロス』のレジン液をヘビーリピートする3つの理由

2017.07.06

 

2液レジンの比較のまとめ

レジンクラフトやオルゴナイト作りにおいて、レジン液の選択は大事です。

UVレジン液と2液レジンを使い分けることで、様々なタイプのレジンクラフト・オルゴナイトを作ったり、もしもの時のリカバリーもできるので、どちらも一つずつ持っておくことをおすすめします。  

そんな時にこれから始める人もそうでない人も、前回の記事と合わせてレジン液を選ぶ時の参考にしていただけたらと思います。

では、今回はこの辺で!また次の記事でお会いしましょう^^

次の記事はこちらです!

これを読めばあなたにも出来る!ワンランク上のオルゴナイトを作れるようになるまとめ

2016.07.13

 

 

アクセスバーズ™️を詳しく知りたい?

アクセスバーズ™️を、わかりやすく解説したメルマガ講座やってます。

登録していただいた特典として、

アクセスバーズ™️のセッションを特別価格で受けていただけます^^

 

アクセスバーズ™️を受けてみませんか?

バーズ™️ファシリテーターになって、ますますパワーアップ!?

アクセスバーズ™️セッションのお申し込みはこちらまで^^

Facebookアイキャッチテンプレ02

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

mineo

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^