TEDで植松さんのお話を聞いて思った事。

ABOUTこの記事をかいた人

がみたか

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長
アクセスバーズ™️プラクティショナー

最近は、ダークファンタジーもののマンガが好きすぎて困ってますw

どうも、がみたかです( ̄▽ ̄)

 

今回は公開ボタンを押すのにかなり悩みましたが、
いろいろ語ってます。

 

メシウマしたい人は是非読んでください^^

 

それと、嫁さんのFacebookの友達が
シェアしてたTEDの動画を見てたので、
僕も一緒に見ていたのですが、
猛烈に響いたのでこちらでもシェアします。

 

そこから長いですw

まずはこれを見てください^^

 

 

 

 

さて、ここから本題です。

 

何も無い状態から会社を飛び出して1年、
そこからいろんな人に出会い、
いろんな事を経験しながらやってきました。

 

ですが、自分のこれまでの行動の結果としては…

 ・崖っぷちで落ちそうな感じ。

で、そう思っているのは自分だけで、

・すでに落下中なのに、まだ踏ん張っていると思い込んでいる。

なのかもしれません。

 

文章だとよくわからないかもしれませんが、
まあそんな感じです。
(だれかイラスト書いてくださいw)

 

ブログであれこれ書いたり、Facebookにおいて、
やった事に関しては書いてるのですが、
それがまだ結果として出ていない状態で、
詰む直前といったところでしょうか?

 

いや、ほとんど詰んでるかもなw
まあいいや、続けます。

 

そして、どこでどうなったのか、

「いやいや、崖っぷちですよ(;´∀`)」

話すと、

「生活できるぐらい稼いでいるかと思いました」

と驚かれます。

 

でもそこで嬉しかったのが、
そこで見切りを付けるどころか…

「がんばりましょう!」
「なんとかなりますよ!」

と励ましてくれた事、
物販を勧めてくれた事、
いろいろと企画を考えて実行してくれた事、

 

そして、そんな僕のセミナーに来てくれた事…

幸いみんないい人ばかりでした。 

 

これは、決して嘘を書くつもりは無かったのですが、
やってる事をあれこれ書いていたので、
それなりに稼いでいると勘違いされても
不思議ではないかもしれません…

 

この場を借りてお詫び申し上げます<(_ _)>

 

さて…

どうしてこのような事態になってしまったのか?
僕が思うに、いくつか言えることがあります。

 

「そうなるような行動をしてきたから」

 

これに尽きると思いますし、
稼いでいる人からしてもそう思われるでしょう。

 

それともう1つ思い当たるのが、

 

「自分に○を付けきれていなかった」

 

といった感じです。

 

仕事の依頼が来たのは良いが、
自分の価値観を貫きすぎて
流れてしまうことが続きました。

 

この状況でそういった事が続くと、

 

「やっぱり自分が悪かったのかな…?」

 

となり、そんな事ばかり考えていると、
自信なんて簡単に無くなりました。

 

そして先日、SEOコンサルタントの方に誘われて、
大阪の食事会に行ってきたのですが、
表には出さなかったけど、あまりの面子の凄さに、

 

「俺なんかがここにいていいのか?」

 

とまで、思うようになっていました。

 

ここ数日、
朝から晩までず~っと資金繰りの事ばかりが、
頭の中を回っていますw

 

そうなると、ひたすら自分を責めるんですよね。

「なぜあの時○○しなかった?」

ってねw

過去をどうこう言っても何も変わらないのにねw

 

まあ、悩んでいても仕方がないので、
ここ数日、今の自分にできる事として、
次のセミナーの準備をしているわけです。

 

もしかすると、これを見た人は
「どうせお金目当だろ?」
と思うかも知れません。

 

まあ、別にそう思われても良いのですが、
教えて欲しいという人がいる以上は、
やるつもりです^^

会場代が払えなくなったら延期になるかもしれませんがw

 

そして、せっせと準備をしていたら、
このTEDの動画に出会ったのですが…

 

こんなことを書いていると、
動画のどこが心にグサっときたか忘れたわw

 

あ、そうそう。

「人の出会いには意味がある」

ということと、

「足りない自分をマイナスに思う必要はない」

ということ。

 

いま思うと、大阪の食事会とドンピシャに思えました。

 

僕自信は勝手に、

「俺なんかがここにいてもいいのか?」

と、思い込んでいたのですが、
この話を聞いていると、

「今コイツらに合わせておこう」

と、何かが引き寄せてくれたのかもしれません。

 

 それに、

「目の前にいる人は自分の鏡」

という言葉があるように、
そういった人達を目の前に連れてくることで、

「自分(僕)は、そうなってもいいんだ」

ということを、気付かせるための機会だったのかも?

 

そう考えてたら…

 

メンタルを若干やられてたおかげか、
そんな有難い状況に立ち会えたとしても、
自分の心のどこかで拒んでいたんでしょうね。

「自分はそんなにすごくない」
「自分にこの場は場違いだ」

みたいなwまったくアホですわw

 

だってこれって、

「自分に○をつけていない」

ってのと同じですよね?

 

人に偉そうに言っておきながら、
自分が全然できてないやんけwww

 

この動画で、非常に大事なことに
気付かせてもらった気がするし、

「ただいま成長中」

を口ずさんでいると、いろいろ吹っ切れて、
さあ頑張ろう!って気がします。

 

 

 

ですが、現実としては非常によろしくないw

 

なので、もしこういうときに、
手を差し伸べてくれる人がいたら…

 

おそらく一生感謝すると思います。
まあ感謝するのと、言う事を聞くのは別ですがw

 

すでに手を差し伸べてくれている方たちも、
もし最悪の状況を迎えたとしても、
僕は死ぬまで感謝していくつもりです。

 

と、まあこんな感じの現状になってる自分ですが、
どんな状況になろうとも、
支えてくれる家族や、関わってくれた人達に、
感謝を忘れないようにします。

 

そして、あえて言わせてもらおう…

 

まだだ!まだ終わらんよ!

 

この期に及んで、往生際が悪くてすいませんw

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました<(_ _)>

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^