マンガ化によるメリットについて考えてみた。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長
アクセスバーズ™️プラクティショナー

最近は、ダークファンタジーもののマンガやアニメが好きすぎて困ってますw

どうも、がみたかです( ̄∇ ̄)

久しぶりに立ち寄った書店で、面白い本を見つけました。

 

過去に名著がマンガになっているのを見て、興味本位で買ったら思いの外

読みやすくて気に入ってしまった僕ですがw

 

今回はビジネスの入門書がマンガになっていました。

マンガでやさしくわかるマーケティング

新品価格
¥1,620から
(2014/8/17 15:08時点)

 

NLPなどの心理学から、管理関係など…

はい、その中にあったこの「マーケティング」しか興味なかったので、

他にどんなのがあったのかよく覚えていません(;´∀`)

 

昔はマンガ=娯楽というイメージでしかなかったのですが、ここ一年で

大きく状況が変わってきたと感じる事ができると思います。

 

ビジネス書ランキングで、今でも「7つの習慣」が上位に居続けていますからねw

 

マンガでリメイクするメリット

マンガ化することで、ビジネスとしてどのようなメリットがあるのか、

自分なりに考えてみました。※あくまでも個人的な意見ですw

 

メリットその1:圧倒的にわかりやすくなる。

そのまんまですねw 

 

 専門書などが敬遠される理由として「難しそう」というのがあります。

人間は基本的に楽をしたがる生き物なので、少しでも「難しそう」と思うと、

大半の人はスルーします。

 

マンガになる事で、その「難しそう」という意識を、

完全に取り去る事はできませんが、「これなら読めそう」と、

敷居を下げる事ができるようになります。

 

なぜわかりやすくなるのか?というのを考えた時に、マンガ特有のストーリーに

理由があると思います。

4コママンガでも「起承転結」のストーリーで成り立っているものが多いですからねw

 

そして専門的な解説を、そのストーリーに合うところまで落とし込んでいるので、

よりわかりやすく学ぶ事ができるんじゃないかな?と思います。

 

メリットその2:今までと違う層のお客さんを取り込む事ができる。

わかりやすくなる事で、その影響で僕のように「今まで敬遠していた層」や、

「純粋にマンガが好きな層」も手に取ってくれる可能性が高くなります。

 

主人公を可愛い女性に設定すると、後者に対して効果があるかもしれませんねw

現に「7つの習慣」の主人公「歩ちゃん」のファンがいるとかいないとか…

この子ですw ↓  

まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣

新品価格
¥1,080から
(2014/8/17 15:31時点)

 メリット3:ステップアップしやすくなる。

僕の感覚からいくと、専門書というのは「10段の跳び箱」みたいなものです。

そして、このマンガの内容次第では「6~7段の跳び箱」になります。

 

いきなり10段に挑戦するのと、6~7段まで跳べるようになってから10段に挑戦を

するのとでは、挫折する確率はグンと下がります。

 

マンガで概要を掴んだ後に、もっと詳しく知りたくなった場合に、

専門書を購入すればいいんですよ。その分だけ単純に売上も上がります^^

 

7つの習慣の場合

上記にもチョロっと紹介した「マンガ版 7つの習慣」ですが、これも絶妙な感じでリリースしてます。

 

はじめに全体を広く浅く、サラッと出すことで「物足りなさ」を引き出して、

続編として狭く深く、部分的に詳しく書かれたものを出版されているので、

1冊目で物足りなさを感じた人はほぼ確実に買うと思います。 僕も買いましたw

 

この流れで2冊目を買った人は、3冊目以降もおそらく買うでしょう…

こういった感じで、リピーターになっていくんですよね(^_^;)

 

そのためにもはじめが肝心で、1冊目が良かったというのはいうまでもありません。

 

一発目はそれだけ重要だと思うのですが、いつも上手いこと行くとは限らないし、

もし失敗しても分析して改善していけばいいんです^^

 

そんな僕も、ビビらずにもっとチャレンジしていかないといけないな~っと、

この記事を書きながら思いましたね(^_^;)

 

ビジネス本のマンガ化についてこんな記事も書いています^^
マンガで読めるビジネス書をランキング形式でまとめてみました!

 

今回はこの辺で。最後まで読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^