アドセンスでAds.txtの警告が出た時にやること

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県加古川市在住の3児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長

アニメやマンガ好きで、子供の影響か?ギターの練習を再開しましたw

 

 

口座やカードの自動取り込みが優秀すぎて、隙間時間に仕訳ができておすすめです^^

 

フリーランスの支払いトラブルを未然に防止


ブログサポーター渾身のサービス!

ブログ運営者のためのサポート保険『Blog-Relief(ブログリリーフ)』

単発スポットサポート(30分 4,000円〜)はこちら!

どうも、ブログサポーターがみたか(@gamitaka02)です。

ある日アドセンスにログインした時に、このような警告が表示されました。

「要注意・収益に重大な影響がでないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

偉大な冒険家
おいおい、なんだか物騒だな…

ブログリリーフBMSでもちょくちょく質問が来るようになったので、とりあえず知ってはいたのですが、いよいよやってきたという感じの警告ですね(^_^;)

この記事では、

  • そもそもこの警告は何なのか?
  • どうやって対処すれば良いのか?

について書いていこうと思いますので、緊急を要するものではありませんが、参考にしていただけたらと思います^^

 

ads.txtを設置する意味とは?

いきなり「ads.txt ファイルを設置してください」と言われても、何のことやらわからない人が大半でしょう。

がみたか
僕もそうでした(^_^;)

では、そもそも何のために設置するのか?ということについて、以下を参考にしてください。

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

Googleアドセンスヘルプ Ads.txt に関するガイド」より引用

要約すると、

「この広告は自分が設置したものです」

という証明書のようなものと考えていただけたら良いかと思います。

コンテンツのパクリ対策みたいな感じですね^^

偉大な冒険家
パクリだめ!ぜったい!!

では次に、この証明書を設置する手順を解説していきます。

 

ads.txtを設置する手順

ads.txtのファイル設置の流れを簡単に説明すると、このような順番になります。

  1. ads.txtのファイルをダウンロードする。
  2. エンコード(文字コード)をUTF-8に指定して保存する。
  3. サーバーにアップロードする。

これをアドセンスで申請しているサイト全てにアップロードしていきます。

がみたか
ads.txtのファイルは 2 で保存したものを使いまわせばOKです!

1.ads.txtのファイルをダウンロードする。

このファイルはアドセンスの管理画面からダウンロードできます。

直接テキストファイルを作っても良いですが、ミスを防ぐためにもダウンロードした方が良いですね^^

 

1.アドセンスにログインして、警告表示にある「今すぐ修正」をクリック。

 

2.「ダウンロード」をクリックするとads.txtのテキストファイルをダウンロードすることができます。

このページにアドセンスに登録しているサイトが全て表示されるので、全てにads.txtのファイルをアップロードする必要があります。

 

3.ダウンロードしたテキストファイルは以下のようなテキストが書かれています。

google.com, pub-(アドセンスのユーザー番号), DIRECT, f08c47fec0942fa0

偉大な冒険家
このユーザー番号が証明になるらしいぞ

 

2.ads.txtのエンコード(文字コード)をUTF-8にする

ここでは、文字コードを変えて保存することができる「テキストエディタ」を使うことを推奨します。

がみたか
僕の場合は「Sublime Text」というテキストエディタを使っていますが、前に使っていた「mi」より軽くて気に入っています^^

Sublime Textのインストール参考サイト
【完全ガイド版】Sublime Textの使い方と設定方法 – MacとWindowsどちらも対応|webliker様

 

1.テキストエディタでads.txtを開くと、こんな感じで開きます。

 

2.「エンコードを指定して上書き保存」→「UTF-8」をクリックして、保存する。

「with BOM」とかありますが、気にせず無印(UTF-8のみ)で保存しましょう。

がみたか
ここはお使いのテキストエディタによって違うので気をつけてください(^_^;)

 

3.ads.txtのファイルをサーバーにアップロードする。

あとはads.txtファイルをサーバーにアップロードしてくわけですが、ここではFTPツールは使わずに、Xサーバーの「ファイル管理」からアップロードする方法で解説します。

高速・安定のサーバーでおすすめしています^^

1.Xサーバーのインフォパネルにログインして、「ファイル管理」をクリック。

 

2.ads.txtのファイルを設置するドメインをクリック。

 

3.「public_html」をクリック。

偉大な冒険家
「public_html」はドメインのすぐ下の階層にあたるので、サーチコンソールの確認用ファイルなんかを設置することもあるぞ

 

4.「ファイルのアップロード(アップローダー)」からファイルを選んで「アップロード」をクリックする。

 

5.ads.txtがフォルダ内にあることが確認できればOkです^^

 

がみたか
あとはアドセンスに登録しているサイト全てに、同様にアップロードすれば完了です

 

4.警告が消えるのを待つ

変更が反映されるまで数日かかる場合があるので、気長に待ちましょう^^

 

偉大な冒険家
確認ができたサイトは一覧から削除されるので気長に待とう!

 

ads.txtの設置まとめ

この警告ははじめに書いたように「広告設置者の証明」なので急いで設置する必要があるわけではありません。

ですが、アドセンスにログインするたびに出てくるので、気になる場合は早めに設置しておくと良いかと思います^^

 

もし、このads.txtのファイルを設置しても警告が消えなかったり、そもそもできない場合はスポットサポートでも対応していますので、お気軽にご相談ください^^

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

ブログ運営者のためのサポート保険!

ブログのトラブルや困ったことに時間を取られて

自分のやるべきことが出来ていない人のためサービスです!


『ちょっと困った』時のスポットサポート!

WordpressやWebに関する「ちょっと困った」を、

30分 3,000円〜で解決するサービスです!


Wordpressのお引越し!

安心・安全・快適で、ブログサポーターがおすすめする、

Xサーバーへのお引越しを代行します!


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^