【reCAPTCHA】スパムメールで困った時にやっておきたいこと【承諾確認】

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県加古川市在住の3児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長

アニメやマンガ好きで、子供の影響か?ギターの練習を再開しましたw

口座やカードの自動取り込みが優秀すぎて、隙間時間に仕訳ができておすすめです^^

 

フリーランスの支払いトラブルを未然に防止


どうも、ブログサポーターがみたか(@gamitaka02)です。

WordPressでのブログ運営である程度アクセスが増えてくると、サイトによってはお問い合わせフォームを経由して、メールが届くことがあります。

モフモフさん
ブログからお問い合わせが来たモフ〜
ブログの力はすごいモフ〜!!

と、心を躍らせながら開いたのに…

闇モフさん
海外のスパムメールじゃねぇか!!!  That sucks!  F〇〇k’〜〜〜〜n!!!

となることがよくあります。
(※通常ここまでキレることはありませんw)

このような迷惑なスパムメールは、だいたいプログラムによって自動で送られてくることが多いため、設定次第でかなり回避することができます。

僕が技術サポートとして常駐しているオンラインサロンブログマーケティングスクール」でも、スパムメールで困っている人が多く、それに関する質問が増えてきました。

このページでは、そんなスパムメールを極力回避する方法について解説していこうと思います。

偉大な冒険家
ただし、問い合わせフォームを設置するプラグイン「コンタクトフォーム7」が入ってない場合は、参考にならないのでこのページを閉じてくれ(^_^;)

コンタクトフォーム7に「承諾確認」のチェックボックスを設置する

先ほど書いたように、スパムメールはプログラムを使って自動でやってきます。

そのため、まずはじめにすることは「承諾確認」のチェックボックスを設置し、手動でチェックを入れないと送信できないようにすることです。

これは「スポットサポート」の申し込みフォームですが、上部のボタンにある「承諾確認」

送信ボタンの直前に設置しておくと良いでしょう^^

このチェックを入れないと送信できなくなります。

がみたか
これだけでもかなりスパムを防ぐことができますが、スパムの技術も進歩しているので、届く時は届きます(›´ω`‹ )

reCAPTCHA(v3)をWordPressで設定する。

次にやっておきたいのは、スパムメールを「reCAPTCHA」の設置です。

reCAPTCHA(リキャプチャ)とは、ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるボットからサイトを防御するためCAPTCHAを利用するのと同時に、そのCAPTCHAに対する返答を紙の本のデジタル化に活かすシステムである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』reCAPTCHAより

問い合わせフォームを設置するプラグイン「コンタクトフォーム7」では、キーを設置するだけで使うことができます!

その設定も簡単なので、ブログ開設と同時にやっておいても良いでしょう^^

「Contact Form7」に「reCAPTCHA v3」の設定を行う時は「インテグレーション」から設定するのも良いですが、現在はプラグイン「Invisible reCAPTCHA」を使うことをおすすめします!

「Invisible reCAPTCHA」を使って「Contact Form7」からのスパムメールを激減させる!

2021年4月12日

コンタクトフォーム7を最新の状態にする

ここで解説する「reCAPTCHA」の最新版(v3)を使うには、プラグインも最新(v5.1〜)である必要があります。

「プラグイン」→「インストール済みプラグイン一覧」でバージョンが5.1以上になっているか確認していただき、そうでなければプラグインの更新をします。

reCAPTCHAのキーを取得する。

次に、reCAPTCHAのキーを取得していきます。

1.「お問い合わせ」→「インテグレーション」の順にクリック。

2.「reCAPTCHA」の右上にあるリンク「google.com/recaptcha」をクリックします。

3.右上の「My reCAPTCHA」をクリック。

※この時にGoogleアカウントにログインします。

4.画像にしたがって設定します。

「ラベル(わかりやすい名前)」を入力し、「reCAPTCHA v3」にチェックを入れ、使用するドメインを入力します。

偉大な冒険家
ドメインは1行ずつ入れると複数のサイトで使えるぞ

5.少し下にスクロースして、画像の二ヶ所にチェックを入れたら、「Register」をクリック。

6.これで「Site key」と「Secret key」が取得できました。

これで、キーの取得ができたので、コンタクトフォーム7に設置します。

取得したキーをコンタクトフォーム7で設定する。

1.「お問い合わせ」→「インテグレーション」の順に開き、「インテグレーションのセットアップ」をクリック。

2.先ほど取得した「サイトキー(Site key)」と「シークレットキー(Secret key)」をコピペして、保存します。

reCAPTCHAの設定はこれで完了です^^

がみたか
reCAPTCHAのv3ですが、仕組みはイマイチわかりませんが、自動でスパムを判別してくれるため、これ以上設定することはありません(^_^;)

設置されたreCAPTCHAを確認する。

ブラウザの右下に、このようなマークが付いていれば、「reCAPTCHAが悪質なスパムメールから守ってくれている」という目印になります^^

がみたか
おでこが…

スパムメールを回避するまとめ

このreCAPTCHA(v3)は、設定が簡単なので、スパムメールにうんざりしている人におすすめです!

WordPressにお問い合わせフォームを設置しているサイトは、今後必須の設定になるでしょう。

「Contact Form7」に「reCAPTCHA v3」の設定を行う時は「インテグレーション」から設定するのも良いですが、現在はプラグイン「Invisible reCAPTCHA」を使うことをおすすめします!

「Invisible reCAPTCHA」を使って「Contact Form7」からのスパムメールを激減させる!

2021年4月12日

もし、自分で設置できる自信がない場合、「スポットサポート」でも設定いたしますので、お気軽にご相談ください^^
※作業時間は30分程度が目安となります。

それでは今回はこの辺で!また次の記事でお会いしましょう^^

ブログ運営者のためのサポート保険!

ブログのトラブルや困ったことに時間を取られて

自分のやるべきことが出来ていない人のためサービスです!


『ちょっと困った』時のスポットサポート!

WordpressやWebに関する「ちょっと困った」を、

30分 4,400円〜で解決するサービスです!


Wordpressのお引越し!

安心・安全・快適で、ブログサポーターがおすすめする、

Xサーバーへのお引越しを代行します!


ブログサポーターがみたかでは、
アフィリエイター様を募集しています!

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^