収入いろいろ、呼び名もいろいろ

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長
アクセスバーズ™️プラクティショナー

最近は、ダークファンタジーもののマンガやアニメが好きすぎて困ってますw

最近お久しぶり~な方からの電話が立て続けにありました。

ふと思い出して連絡をしてもらえるって、ありがたい事ですね^^

 

どうも、がみたかです( ̄▽ ̄)

 

ところで、テレビなんかで社長さんの凄さをアピールする時に2種類の紹介方法があります。

それはどのように紹介しているか、ご存知ですか?

 

まあ、このブログを読んでくれているあなたにとっては愚問でしたねw

とりあえずページを閉じるか、最後までお付き合い頂くかはお任せします( ̄▽ ̄)

 

収入の呼び方

一般の人たちが、世の社長さんについて関心があるとすれば、

もちろん「どれだけ稼いでいるのか?」ですよね?w

 

 テレビなんかで取り上げられた社長さんを紹介する時に、

「年商○○億円」もしくは、「年収○○億円」の社長さんであると紹介されます。

112861

(なんか、めっちゃ偉そうですねw)

 

正直、他人事なので「○○億円」だけ耳に入るわけですがw

「年商」と「年収」では、大きく意味が変わってくるんです。

 

年商と年収

まずは、「年商」について簡単に説明すると、その事業における「売上げだけ」の部分になります。

 

たとえばアパレル関係でしたら、洋服やアクセサリーの売上であり、我々お客さんが、

お店に支払ったお金の総額になります。

 

一方「年収」というのは、先ほど書いた「年商(売上)から経費を差し引いた純利益」のことになります。

事業を回していくからには経費は必要不可欠なもので、様々なものがあります。

  • お店の場所代(賃貸料もしくはローン)
  • 人件費
  • 仕入れ
  • その他の細かいものw

他にも僕の場合だと、

  • ソフト、教材の購入資金(書籍、Photoshopなど)
  • パソコンの本体や周辺機器(モニター、マウス、キーボード)
  • 打ち合わせための交通費や、その時の飲食代

などがあります。

 

これを聞いてピンとくる人も、とっくにわかっている人もいると思いますが…

「年商1億円」の人と「年収1億円」の人でしたら、どちらが経営者として凄いのかは、

言わなくてもわかりますよね?

 

年商が同じでも中身(経費)で違う

ただ、年商の場合だと経費までは表に出さないため(当たり前ですがw)、

同じ「年商一億円」でもわかりません。

 

経費が2~3千万円で済んでいるかもしれないし、7~8千万円かもしれない。

(あえて極端な例えで説明していますw)

 

それでも売上は同じ1億円だとしたら、社長さんのひとつのブランディングとして、

そちら(年商)を表に出す方が、「なんか凄い!」と思ってもらえるでしょうねw

 

試しにアフィリエイターで考えてみたw

アフィリエイトとは、既存の商品、サービスをお客さんに紹介して、

その紹介料を頂く、広告代理店みたいなものだと前にお話したと思います

 

この世界でよく出てくるのが「月収」なのでそちらに合わせますねw

 

この場合「月収」は紹介料の合計そのまんまになりますが、

「月商」になると、物品販売と情報商材では全然変わってきます。

 

情報商材の場合は基本的に紹介料が高く、50%だったとします。

そこで仮に月収が20万円だとしたら、単純計算すると40万円売れたことになるのですが、

物品販売のばあいはAmazonで3%(ジャンルによって違いますが)楽天で1%なので、

こちらで月収20万円だとしたら、「月商」に直すと凄いことになりますw

 

楽天だけの場合だと「月商」が2千万円ぐらいですかね?

Amazonでも約667万円ぐらいになりますw

 

まとめ

あまり意味のお話で逸れてしまいましたが…(;´∀`)

大事なのは「年収」だというのは少しはわかっていただけたと思います(たぶんw)

 

この「年収」を上げるためには、利益を出すのはもちろんのこと、

経費についてもシビアに考えていく必要があるのは確かですね。

 

いや、ここまできて言うのもなんですが、まず「利益を出す」のが先ですよねwww

 

最後まで読んでいただきありがとうございました<(_ _)>

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^