【アクセスバーズのご感想】双極性障害(躁うつ)とアクセスバーズ®

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99%e3%81%a8%e8%ba%81%e3%81%86%e3%81%a4

どうも、がみたかです。

今回は、アクセスバーズのセッションをBMS(ブログマーケティングスクール)でご一緒させていただいているひかるさんに受けていただいたので、そのレポを書いていこうと思います。

人によってはデリケートなお題になるかもしれませんが、この記事にも書いているように、うつ病などの心の病で苦しんでいる人に受けてもらえるという良い機会なので、興味があれば読み進めてくれると嬉しいです^^

福祉施設や医療の現場で仕事をされている方にアクセスバーズ®を学んで欲しい!

2016.11.02

 

アクセスバーズ®セッションのご感想

今回受けていただいたひかるさんは「双極性障害」といういわゆる「躁うつ病」というものに10年近く悩まされているそうです。

ですが、ブログと出会うことでご自身の経験を活かし、同じような症状で苦しんでいる人に「こんな道もあるんやで!」ということを、ブログで発信されています。

(ブログのリンクはまた後ほど^^)

 

ひかるさんのご感想

そんなひかるさんに受けていただいたのですが、このような感想をいただきました。

はじめは少し気持ち悪くなりかけました。
緊張していたからと思います。
今感じるのは、

  • ずっとあった頭の奥の痛みが消えている・・・これでかなり体力取られていました
  • 気持ちが軽くなった・・・・いつもやと、今ブログ書いてません。しんどくて・・
  • 本当に頭がスッキリクリアになった・・・朝の自分と比べて全く違います

明日の朝にここからどう変わるのかってワクワクしています。

セッションの早い段階で熟睡されていたので、リラックスされていたみたいですw

また、寝起きのときも普段は疲れとだるさが取れなかったのが、「何年ぶりやろ?」ってぐらいスッキリとした目覚めだったとおっしゃっていました^^

 

施術者側から見た反応

さて、僕の場合ポイント(バー)をタッチしていく時に、指先に電気が流れるような感覚があり、その感覚が強いほど「ここに何かしら抱えているものがあるのかな?」と思っています。

なので、人によっては指先が針でチクチクされたみたいに痛い時もあります(^_^;)

 

とはいえ、そのポイントポイントで意味するものはあるものの、具体的に何を抱えているかはその人にしかわからないので、僕がセッションをする時は反応の強い部分は長めにタッチするか、仕上げの前にもう一度そのポイントをタッチして、抱えているものや溜め込んでいるもの解放していきます。

アクセスバーズ®は、一応タッチする順番はありますが、仕上げに入る前なら何度戻ってもいいとされています。

詳しくは、アクセスバーズ®1日講座で^^

 

今回のセッションで、強い反応を感じたポイント

今回のセッション中に強く感じたポイントはこれらです。

  • 思考や感情がはじめに入ってくるポイント(インプラントバンド
  • 年齢と生と死(エイジング・トースター
  • 時間と空間&コミュニケーション(タイム&スペース、コミュニケーション
  • 喜びと悲しみ(ジョイ&サッドネス

一応ポイントの名前も一緒に書いていますが、意味としてはこんな感じです。

ですが、反応が強かったからそこが悪いということではなく、ただ単にそのことについての思い込みやこだわりが強いというだけです。

そこに善悪はありませんので「ふーん。」程度に思ってもらえたらと思います^^

また、この反応については、僕の場合は電気が流れるような感覚ですが、人によっては熱を持ったような感覚がする場合もあります。

 

もしプラクティショナーをやっていてこの辺りの感覚がよくわかっていない人は、もっと意識して場数を踏むか、「タッチしている指がしびれるなんてありえない」というPOV=ポイントオブビュー(ものの見方・思い込み)を一度やめてみてください

そして、その結果上記のご感想が出てきたのであれば、余計な思考や感情、思い込みをそれなりに解放できたのかな?と思います^^

 

双極性障害・躁うつ病とアクセスバーズ®

ここからは、双極性障害・躁うつ病で悩んでいる人に、アクセスバーズ®をすることでどんな影響が予想できるかについて解説していこうと思います。

興味のある方だけ読んでみてください^^

 

アクセスバーズ®はニュートラルを目指す

まず、双極性障害・躁うつ病とは、(=気分が上がりすぎる状態)と、うつ(気分が沈み込みすぎる状態)を交互に繰り返す状態だと言われています。

その両方に振り切った状態を行ったり来たりするので、心はもちろん体の負担も相当なものでしょう。

しかも、そのサイクルが早い「ラピッドサイクラー」となると、もっとしんどい思いをされていることでしょう。

 

一方アクセスバーズ®は、余計な思考や感情を消していき、ジャッジをしないニュートラルな状態になることを目的としています。

そのため、双極性障害で悩む人にアクセスバーズ®をすることで期待できる変化としては、

  • うつ状態(気分が沈み込みすぎる状態)の時は沈みすぎずに前を向けるようになること。
  • 躁状態(気分が上がりすぎる状態)の時は、地に足がついたように落ち着くこと。

これらを同時に対処することができるようになります。

また「ラピッドサイクラー」と呼ばれる人でもアクセスバーズ®を受け続けていくことで、そのサイクルをゆるやかに出来るようになったりするかもしれませんね^^

 

また、双極性障害・躁うつ病なんてのは、人一倍心が優しくて、思いやりのある人が抱え込みやすいものだと思っています。

そして、自分たちを守ってくれているようで、実はなんの役にも立たず、心が疲れきってしまった人たちを、さらに追い詰めるのが「一般常識」や「世間体」であったり、「マナー」や「モラル」です。

そんな、あなたを守ってくれないだけならまだしも、疲れ切ったあなたをさらに傷つけてくるようなものなんて、さっさと手放してください^^

ゴミ箱に捨ててもいいし、トイレに流してもいいし、暖炉で燃やしてもいいですw

とにかく捨ててくださいね!

もし、自分で手放すのができない、手放すのが怖いと思っているのであれば、お手伝いさせていただきますので、いつでもご連絡ください^^

 

双極性障害・躁うつ病とアクセスバーズ®セッションのまとめ

写真を忘れてこの一枚だけっていう(^_^;)

写真を忘れてこの一枚だけっていう(^_^;)

今回ひかるさんには、少しでも楽になってもらえて良かったのですが、毎回このような結果が出るとは限らないのがアクセスバーズ®の難しいところです(^_^;)

しばらく様子を見てもらって、またしんどくなってきたり、スッキリしたくなった頃に来ていただけたらと思います^^

ひかるさんがブログに書いていただいたご感想はこちらになります^^

アクセス・バーズで脳のデトックスしてきたよ!ヒーリング初体験レポ|ひかるのメンタル天気予報

今回のセッションで改めて思ったのですが、30分だと「もっとしてあげたいのに短すぎる」ということで、アクセスバーズ®メニューも少し変更しようと思います。

アナウンスはFacebookページで行いますので、良かったらフッター部分より「いいね!」していただくか、こちらから「いいね!」をしていただき、いつでも情報を受け取れるようにしておいてくださいね^^

がみたか.comのFacebookページ

 

では、今回はこの辺で!次の記事はこちらになります^^

福祉施設や医療の現場で仕事をされている方にアクセスバーズ®を学んで欲しい!

アクセスバーズ®を詳しく知りたい?

アクセスバーズ®を、わかりやすく解説したメルマガ講座やってます。

登録していただいた特典として、

アクセスバーズ®のセッションを特別価格で受けていただけます^^

 

アクセスバーズ®を受けてみませんか?

バーズ®ファシリテーターになって、ますますパワーアップ!?

アクセスバーズ®セッションのお申し込みはこちらまで^^

Facebookアイキャッチテンプレ02

アクセスバーズ®を習ってみませんか?

習ったその日からアクセスバーズ®が使えるようになる!

アクセスバーズ®1日講座を随時開催しています^^

開催日は下記リンクよりご確認ください!

アクセスバーズ1日講座

 

 

この記事に共感していただけたら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^

ABOUTこの記事をかいた人

がみたか

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。 ・アクセスバーズ®ファシリテーター ・Webの引越し屋さん ・Web屋さん ・オルゴナイトのネットショップ店長 など、「お客さんの周りも笑顔にしたい」という思いで、あれこれやってます^^ 趣味は車(主にスポーツカー)にギター(主にHR/HM)にパソコン(WinもMacも使えます)です。 こんな僕ですが、宜しくお願いします^^ twitter(@gamitaka02)でブツブツつぶやいているので、良かったらフォロー&絡みお願いします(o ̄∀ ̄)ノ