SSL(https)化したWordPressをサーチコンソールに登録してもhttpのプロパティを残しておいた方が良い理由

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長
アクセスバーズ™️プラクティショナー

最近は、ダークファンタジーもののマンガやアニメが好きすぎて困ってますw

どうも、Webの引越し屋さんのがみたかです。

サーバー引越し及び、SSL化をお手伝いさせていただいた方からよく質問をいただいたので、検証してみました^^

 

このブログでも最近行った常時SSL化ですが、httpからhttpsになるとGoogleサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)にhttpsの方を新しく登録する必要があります。

偉大な冒険家
検索からのアクセスを検証するなら、サーチコンソールは必須だぜ!
モフモフさん
でも前のプロパティ(http)とダブってしまうから前のは削除するモフ
がみたか
あ、ちょっと待って!前のプロパティはすぐに消したらもったいない!その理由を説明していきますね^^

 

SSL(https)化した後のサーチコンソール

search_console_-_%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0

プロパティがダブっている。

SSL(https)化が完了した直後のサーチコンソールのプロパティはこんな感じで、httpとhttpsのドメインが混在しています。

その時に、「もうhttpsで運用しているから、httpの方は消してもいいかな?」と思ってしまうのもわかりますが、それはもう少し待っていただきたい。

 

httpの方のプロパティをすぐに消してはいけない理由

httpsにリダイレクトしてるし、ダブってる「http」のプロパティはもういらないと思われがちですが、Googleの検索エンジンにインデックスされたものというのはすぐに無くなりません。

なので、プロパティを削除したからといって、すぐインデックスも無くなるとは限りませんが…

 

サーチコンソールのインデックスは、常時SSL(https)を登録した後じわじわと切り替わっていくので、検索結果にはしばらくのあいだはhttpから始まるURLが表示されそこからブログにアクセスされることもあります。

そのhttpで表示された、検索結果からのアクセスを確実にhttpsに送るためにリダイレクトの設定をします。

 

SSL(https)後の検索アナリティクスの推移

それでは、SSL(https)後の検索アナリティクスの推移を、

  • httpsの検索アナリティクス
  • httpの検索アナリティクス

両者のグラフでみていこうと思います。

 

SSL(https)のサイトを登録後の検索アナリティクス

テキストで書いてもわかりにくいので、検索アナリティクスの変化を見ていきましょうw

httpsのサイト登録時

httpsのサイト登録時

9/12日に当ブログ「がみたか. com」を常時SSL(https)化をして、サーチコンソールにも登録します。

当然それ以降はそっちがメインになるので、緩やかに数日かけて表示回数&クリック数が増えていきます。

 

httpsにリダイレクト設定をした後の「httpの検索アナリティクス」

httpのサイト

httpのサイト登録時

httpsの登録をした日から、緩やかに検索アナリティクスは下がっていきます。

 

両方(https&http)のグラフを重ねてみる

httpsのグラフが上がり、httpが下がっている期間を合わせると、トータルで同じぐらいになります。

両方を重ねてみた

両方を重ねたグラフになります。

重ねてみるとこんな感じです。

プロパティを削除したからといって、急にゼロになるようなことはないと思いますが(^_^;)

 

httpは10日程度では完全にゼロにならない

しぶといhttpのグラフ

httpのグラフ(10日後)

常時SSL(https)化が完了してから10日経ってもhttpの方は検索結果に表示され、クリックされています。

がみたか
ちなみに9/26は表示41でクリックが5回でした

 

結論:httpsを登録したあとでもhttpは残しておこう

回数としてはたったの1回とか5回ですが、表示される限りクリックされてアクセスされる可能性があるので、貴重なアクセスであることは間違いありません。

特に自分でサービスを持っていると、この1pvがコンバージョンに繋がる可能性があるので、httpのプロパティも残して置いたほうが良いと言えるでしょう。

 

プロパティを削除しても、インデックスがすぐに無くなるとは思えませんが、残しておくことで検索クエリは確認することができるので、httpの方は完全にゼロになるまでは残しておいたほうが良いでしょう。

偉大な冒険家
詳しい人がいたらそのあたりのことをぜひ教えてくれ!

 

まとめ

サーチコンソールは1アカウントあたり1,000サイトまで登録できるで、1つや2つサイトが増えたからといって無理に消す必要はないと思います。

まあ、それを言うと元も子もないのですが、常時SSL(https)化にしてもhttpのプロパティは残して置いても害は無いので、完全にゼロになるまで放っておきましょう。

それでは、今回はこの辺で!また次の記事でお会いしましょう^^

 

PS.

Xサーバーでは、2017年 7月31日 18:00まで、「ドメインプレゼントキャンペーン」を行っています。

プレゼントドメインは移管ドメインにも適用でき、さらにXサーバーでは常時SSL化が無料でできるので、他所のサーバーをお使いで、常時SSL化をお考えの方には思い切ってXサーバーへの引越しをおすすめしています^^

引越しをしたい、SSL化をしたいけど、どうすればいいかわからない人には、僕の方でも代行やヘルプを行っていますので、どうしようもなくなったらご連絡くださいね^^

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^