オススメのUVレジン液4種類をレジン作家の目線で比較してみた。【ルスター・パジコ・キヨハラ・100均】

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長
アクセスバーズ™️プラクティショナー

最近は、ダークファンタジーもののマンガやアニメが好きすぎて困ってますw

確定申告に!使いやすくておすすめです^^

ブログサポーター渾身のサービス!

ブログ運営者のためのサポート保険『Blog-Relief(ブログリリーフ)』

単発スポットサポート(30分 3,000円〜)はこちら!

どうも、がみたかです。

WordPressで作ったネットショップ「苺一会(いちごいちえ)」では手作りのオルゴナイトをメインに制作・販売しているのですが、これまでに様々な種類の「レジン液」を使ってきました。

主にハードタイプのレジン液を使っているのですが、レジンに関しては品質の差が大きく、型から外す時にガッカリするUVレジンも少なからずあります。

なので、今回はこれからレジンクラフトを始める人に少しでも安全に満足できるものが作れるように、おすすめのUVレジン液とそれらの比較についてまとめてみようと思います。

 

2液混合レジンの比較まとめ記事はこちらになります。
オルゴナイトで使用する際にオススメの2液混合レジン液を3種類比較してみた。
本題に入る前にちょっと宣伝をw

オルゴナイトのネットショップ「苺一会(いちごいちえ)」をちょこっとリニューアルしました!

よかったら見に来てくださいね^^

詳細はこちら→オルゴナイトのネットショップ「苺一会(いちごいちえ)」

 

UVレジンとは?

まずはじめにUVレジンについて簡単に説明しておきます。

UVレジンとは、「紫外線(=UV)で硬化する樹脂(=レジン)」です。

紫外線で硬化するので太陽の光でも硬化するのですが、その場合は硬化するのに時間がかかるし、その時間も天候によって左右されます。

ですが、UVライトというアイテムを使うことで、室内で5分程度で硬化させることができるので、UVライトの使用をおすすめします^^

がみたか
ただし、UVレジンの品質によって硬化具合や仕上がりが大きく変わってきます(^_^;)

 

これからレジンクラフトを始めたいと思っている人だと特に、

「実際どのUVレジンを使ったらいいの?」

という疑問があるでしょう。

後でも説明しますが、実際にオルゴナイトを製作・販売している経験から、

この2種類を選ぶと間違いは無いかと思っています^^

 

 

苺一会(いちごいちえ)で使っているのはこちらのUVレジンです。

オルゴナイト作りのプロが『ルスターグロス』のレジン液をヘビーリピートする3つの理由

 

質の良いUVレジン液の条件

「質」と言っても人によって基準が異なるので、ここでは「苺一会(いちごいちえ)」における質で書かせていただきますが、かなり主観が入っていますので参考程度に読んでください(^_^;)

1.透明感が高い

苺一会(いちごいちえ)」のオルゴナイトは透明感を大事にしているので、硬化した時に濁ったり、黄色がかった仕上がりになるレジン液はあまり品質が良いとは言えません。

 

2.硬化が速い

UVレジンの特徴の一つに「硬化速度の速さ」があって、UVランプに当てると数分でカチカチに硬化するのですが、UVレジンによっては思うように十分に固まらず、表面が未硬化部分でベトベトな仕上がりになりやすい残念なUVレジンもあります。

その場合は長時間UVライトに当ててしっかり硬化させることで対応します。

 

3.気泡が入りにくい or 抜けやすい

これはUVレジンの粘度(粘っこさ)だけでは一概に言えません。

不思議なことに「ドロドロだから気泡が入ると抜けにくい」とか、「サラサラだから気泡が混ざっても抜けやすい」というのがあまり関係ありません。

 

「苺一会(いちごいちえ)」の場合は、この3項目を基準にしてUVレジン液の良し悪しというより、自分たちに「合うか合わないか」の判断をしています。

 

UVレジン液を比較する

このページではオルゴナイトの素材をAmazonで直接購入できるようにしています。

他にもAmazonでお買い物をする機会が多い人には、送料が無料になる『Amazonプライム』の加入をおすすめしています^^(30日間の無料体験もありますよ)

 

ここからUVレジン液を比較していきますが、印象に残っている4種類をランキング形式で書いていこうと思っています^^

 

4位 100円ショップのUVレジン液

UVレジン液って、ダイソーやセリアなどの100円ショップにも置いていることに驚きましたが、使ってみてなかなか良いのにも驚きました(^_^;)

ダイソーは5gセリアは4g入っており、容器もお店によって違いますが、個人的にはダイソー製が5g入っているのと、手に入りやすいのでお試しで使ってみるにはおすすめです^^

 

ただし、デメリットとしては匂いがキツい場合もあり、人によっては気になるかもしれません。

うちの場合は平気でしたが、他の利用者のレビューを見ていると匂いを気にされるコメントがいくつかありました。

 

ちなみに匂いに関してはほとんど匂わないセリアに軍配。

 

また最近では、すでに着色済みのUVレジン液や、ラメの入ったレジン液などが販売されています。

組み合わせると魅力的な作品ができるかもしれませんね^^

 

3位 KIYOHARA UVクラフトレジン液

これは手芸屋さんで手に入りやすいド定番ですね^^

サラッとした感じで透明感が良く、値段もそこそこ気泡もそこそこといった感じですが、おすすめというより無難といったところですね(^_^;)

匂いも特に気にならず、問題の無い一品であることは確かです。

 

2位 パジコ 太陽の雫(ハードタイプ)

これも定番のUVレジン液で他よりも少しお高いですが、この「太陽の雫」は透明度も高くかなりクオリティの高いUVレジン液だと僕は思っています^^

粘度が他と比べて高い(ドロっとしている)のですが、気泡が入りにくく、仮に入っても抜けやすいので、初心者でも綺麗な仕上がりが期待できるUVレジン液だと思っています。

もちろん透明感も良く硬化も速い、まさに非の打ち所が無いって感じ。

あえてデメリットを挙げるなら、やや高価なので他のUVレジン液との違いがわからなければ、無理に選ばなくても良いかな〜とも思います。

 

1位 ルスターグロス  UVクラフトレジン【UV007 ハード】

こちらの記事のランキング1位のレジン液「ルスターグロス UVクラフトレジン

このメーカーが扱っているUVレジン液が「ツヤ」「使いやすさ(粘度)」「透明度」が太陽の雫と同等で遜色ない上に安くさらにはLEDライトで硬化することができるので、UVライトより早く硬化させることができます。

余談ですが、パジコからも「星の雫」という名前で、LEDライト対応のUVレジンが発売されています。

 

オルゴナイトのネットショップ「苺一会(いちごいちえ)」では、2液混合レジン&UVレジン共に、この「ルスターグロス」製をメインに使っています。

 

がみたか
ただし、清原の「綺麗」、Green Oseanさんの「熊五郎の涙」がなかなか良かったので、今後変更していく可能性があります
偉大な冒険家
常に研究して、「これは良い!」と思ったレジンを使っていく所存。

 

ルスターグロスのUVレジンには「UV008」というのもありますが、こちらは薄付のコーティング専用で、低粘度(よりサラッとしたレジン)のレジン液になりますので、お間違えの無いようお気を付けください!

 

まとめ

レジンクラフトを作るのであれば、たとえインクで色付けするとしても透明感にはこだわりたいところです。そのためにも良いUVレジン液は選んでいきたいですね^^

ネットショップ「苺一会(いちごいちえ)」のプロの現場で使っているレジン液についてまとめましたので、参考までに読んでみてください^^

オルゴナイト作りのプロが『ルスターグロス』のレジン液をヘビーリピートする3つの理由

では、今回はこの辺で!また次の記事でお会いしましょう^^

 

ワンランク上のオルゴナイト・レジンクラフトを作るノウハウをまとめてみたので、レジン作家さんにぜひ読んでもらいたいです^^

これを読めばあなたにも出来る!ワンランク上のオルゴナイトを作れるようになるまとめ

 

ブログ運営者のためのサポート保険!

ブログのトラブルや困ったことに時間を取られて

自分のやるべきことが出来ていない人のためサービスです!


『ちょっと困った』時のスポットサポート!

WordpressやWebに関する「ちょっと困った」を、

30分 3,000円〜で解決するサービスです!


Wordpressのお引越し!

安心・安全・快適で、ブログサポーターがおすすめする、

Xサーバーへのお引越しを代行します!


 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^