「本当に疲れにくい?」FILCO Majestouch2(茶軸)を使ってみた感想

ABOUTこの記事をかいた人

がみたか

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。
・ブログのサポート(月額会員制スポット
・某コミュニティの技術サポート
オルゴナイトのネットショップ店長
アクセスバーズ™️プラクティショナー

最近は、ダークファンタジーもののマンガが好きすぎて困ってますw

この記事は2014年4月の記事をリライトしたものになります。

どうも、「癒せるブログのサポーター」がみたかです。

 

ブログの1記事あたりの文字数が多くなってきたことで、タイピングによる疲労感が…というのは建前でw

Macbook Airのタイピングの感触があまりにも良かったため、WindowsのデスクトップPCで使っているキーボードを「FILCO Majestouch2(茶軸)」を購入してみました。

 

FILCO Majestouch2(茶軸)が届きました

あまりの過剰梱包にドン引きしました…(;´∀`)

届いたのがこれ↓

IMAG2556

箱がデカいw

いや、中身はキーボードとワイヤレスマウスだけのはずなんですが…(^_^;)

 

IMAG2557

明らかに過剰梱包ですw

この箱の8割5分がエアーパックでしたw

 

まあ、それなりのお値段だった(10,000円強)キーボードなので、それぐらい保護してもらえると助かります。

 

「FILCO Majestouch2(茶軸)」に決めた理由

FILCO Majestouch2(茶軸)」に決めた理由は、くまなくリサーチした時に圧倒的に多かった「疲れにくい」という口コミやレビュー。

 

同じく、疲れにくいと噂の「東プレ REALFORCE 108UBK」と悩んだ結果、価格が安かったのでMajestouch2にしました。

で、決めたら決めたで、次の問題が…

 

身近なお店で売ってない…(;´∀`)

 

そんなときこそ、インターネット通販の出番!

ちょっと品薄気味でしたが、買うことが出来ました^^

 

「FILCO Majestouch2(茶軸)」の使い心地

次に「FILCO Majestouch2(茶軸)」の簡単なレビューを書いていこうと思います。

 

重圧感のあるフォルムに、ドシッとした安定感

IMAG2559

重厚感のあるフォルム

つや消しブラックのキーボードは置くだけで重厚感がありますね^^

 

また見た目通り、そこそこ重量があり、安定感もあるため、タイピングが強めの人でもキーボードがズレたりすることもないでしょう。

しかし、キーボードにしては気軽に移動できない感じですね…あまり動かすようなものではないので別に良いのですがw

 

ストロークはやや深いが、タッチはめちゃ軽い

タッチの感触は好みによって違うので参考程度でお願いしますm(_ _)m

この「FILCO Majestouch2(茶軸)」は、とにかくキーのタッチが軽い!

 

この軽さに慣れるまでは、ガツガツとタイピングしてしまいそうですw

ストロークはやや深めですが、それを感じさせないぐらいタッチが軽いので楽にタイピングできます。

 

また、そんなに奥までキーを押さなくても認識して文字が表示されるため、キーを奥まで押し込まなくても、キーの上を滑らせるようにタイピングできます。

しかし、この加減を掴むまでは、タイプミスをしやすいかもしれませんね(^_^;)

 

タッチが軽すぎて消しすぎてしまう

これもミスタッチの類になりますが、Deleteキーを押しすぎたり長押しになってしまって、思ったよりも消してしまうことがあります。

慣れてくると頻度は減ってくると思いますが、慣れるまでは逆に疲れやすくなるかもしれません(^_^;)

 

タイピング音が大きめ

メカニカルキーボードなので、タイピング中の「ガシャガシャガシャ!」といったタイプ音がやや大きいです。

タイピングの音が好きな人や、少々大きくても問題ない環境で使う人(色々な意味で気にしない人)は大丈夫だと思いますが、静かな場所で使う場合ことがある人、「ガシャガシャ系」のタイプ音が苦手な人は、このキーボードは避けたほうが良いでしょうね(^_^;)

うちは寝室から離れた1階の書斎というあまり気にしなくても良い環境のため、特に問題無しです^^

そのため、音の問題さえクリアできれば、オススメできるキーボードです!

 

ワイヤレスマウスも「ロジクール M560」に変更

キーボードを新調するついでに、長いこと使っているマウスも「ロジクール M560」新調しましたw

こちらは若干コンパクトな5ボタンのワイヤレスマウスです。

 

前に使ってたマウスと「ロジクール M560」の比較(見た目と使い心地)

IMAG2560

本体はロジクールのワイヤレスマウスが一回り大きいですが、USBの受信機はかなり小さい

そして、側面にある薄いグレーの部分は滑りにくい表面になっていて、グリップがしやすい構造になっています。

 

2段階のスクロールホイール

 「ロジクール M560」のスクロールホイールは2段階で使うことができます。

  • こつこつと段階的に抵抗感があるモード
  • 抵抗感が無く、シャーーーっと回してスクロールすることができるモード

抵抗感のないモードへは、スクロールホイールをグッと押し込むことで切り替えできます。

そのモードの時に、縦に長いページを一気にスクロールするとめっちゃ速くページスクロールをすることができます。

 

ボタンの割り当てを設定できる「Setpoint(セットポイント)」

ロジクール M560」は標準のボタンの割り当てがイマイチですが、「SetPoint」という専用アプリを、インストールすることでボタンの割り当てをカスタマイズすることができます。

 

ボタンの割り当てについて、詳しくはこちらの記事をお読みください。

Logicoolの5ボタンワイヤレスマウス「m560」のコマンド割当を「Set Point」を使って変えてみた…

 

他にも「SetPoint」では、カーソルのスピードなども調整できますので、もしこのマウスを使う場合は「Setpoint」を使い、お好きなようにカスタマイズをしてから、使うことをオススメします^^

 

IMAG2561

このスタイルで作業しています^^(※今PC環境がわかっており、キーボードは違います)

こんな感じで書斎の机に、新たに居座ることになりました^^

 

「FILCO Majestouch2(茶軸)」と「ロジクール M560」のまとめ

キーボードを長時間使うような人におすすめの自己投資「キーボードのグレードアップ」

それだけでも疲れやストレスが減ったり、新しいキーボードやタイプ音でテンションが上がることで、ブログを書くのがはかどる場合があります^^

ちょっとブログを書くのにマンネリを感じるようになったり、タイピングにストレスがあるなら、思い切ってキーボードを変えるのも良い選択だと思います。

 

良かったら、一度使ってみてください^^

では、今回はこのへんで!

 

ブログ運営者のためのサポート保険!

ブログのトラブルや困ったことに時間を取られて

自分のやるべきことが出来ていない人のためサービスです!

 

アクセスバーズ™️を詳しく知りたい?

アクセスバーズ™️を、わかりやすく解説したメルマガ講座やってます。

登録していただいた特典として、

アクセスバーズ™️のセッションを特別価格で受けていただけます^^

 

アクセスバーズ™️を受けてみませんか?

「脳のデトックス」で、頭の中をクリアに!

アクセスバーズ™️セッションのお申し込みはこちらまで^^

Facebookアイキャッチテンプレ02

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^