Windows7からWindows10にアップグレードしてみた

ABOUTこの記事をかいた人

がみたか

兵庫県加古川市在住の2児の父親です。 ・アクセスバーズ®プラクティショナー ・Webの何でも屋さん ・オルゴナイトのネットショップ店長 ・某コミュニティの技術サポート など、「お客さんの周りも笑顔にしたい」という思いで、あれこれやってます^^ 最近のお気に入りのマンガは「暗殺教室」で、ハマりすぎて何周したかわかりませんw

「がみたか.com」でご提供しているサービスはこちら!

どうも、「癒せるブログ屋さん」がみたかです。

 

普段はMacBook Airの11インチを使っているんだけど、かなり気に入ってます^ ^

あまり書きすぎると本題から逸れちゃうので、今回Macについては控えておきますねw

 

そんな僕も、それまではWindowsしか使っていませんでしたw

はじめはWindowsXPをずっと使ってたんだけど、4〜5年前に初めて自作PCを組んだのを機にWindows7に乗り換え、そして今回Windows10という流れになったんだけど、飛び飛びなのでVistaや8/8.1は全然知りませんw

 

で、今回はWindows7からWindows10にアップグレードする際の備忘録として残しておこうと思います^ ^

 

Windows10にアップグレードする理由

7/29日より無償アップグレードが開始され、まだ時期が早いかもしれませんが、アップグレードに踏み切った理由がいくつかあります。

動作が軽くなるらしい!

Microsoftのサポートはまだまだ余裕があるWindows7だけど、先にアップグレードされてる人が「サクサク動くようになった」と書かれているのを見て決めましたw

いや、長い事使っているとCPUの負荷が高いまんまで、動作もどんどん重くなってきたんですね。

ネットブックなんかは常にCPUの負荷が100%近くをうろうろして、冷却ファンがブンブンうなってましたw

 

そこで、そんな時は「アクセスバーズ®」でクリアリングしましょう!…じゃなくってWindows7の再インストールを考えていたんですね。

でも、タイミング良くWindows10のアップグレードが始まったので、「どうせなら…」という感じでそっちに踏み切ったのですが、実際アップグレードをした結果、使っているうちにもっさりしてきたWin7の時より起動は体感レベルで速くなりましたよ^^

もともとSSDなので起動は速かったのですが、使っていくうちにどんどん遅くなってくるんですね(^_^;)

ひとまずは要経過観察ですw

 

無償でアップグレードできる

今までのMicrosoftでは考えられないけど、Windows7、8/8.1を使っている場合は無償でアップグレードできるんですね。

ただし、「1年間」という期間があるそうなので、注意が必要。

「1年後はどうなるの?」というところだけど、Microsoftの見解では、「機器が寿命を迎えるまで無料でサポートする」そうです。

もうWindowsは「OSではなくサービスという位置付けになった」という声もあります。

もし気に入らなかっても、元に戻すこともできるそうなので、お試しにはちょうど良いかもしれませんね^^

そういえば、Windowsをはるかに上回る性能の純日本製OSがあって無償配布される予定でしたが…マイクロソフトに…ゲフンゲフンw

こちらのサイトに詳しく書かれていました。
Windows10 から Windows7/8.1 に戻す方法 – ダウングレード – PC設定のカルマ

Windows10にアップグレードしてから1ヶ月間有効なので気をつけて下さい。

 

データがそのまま引き継がれる

細かいところ(壁紙やテーマ)は引き継げないものの、ファイルやアプリはそのまま引き継ぎができるんですね。

なので、僕のように壁紙を自分のデータにしている場合は、アップグレードしても「どこが変わったの?」となるかもしれませんw

Win7の壁紙を設定している場合はWin10の壁紙になります

また、最下部のタスクバーがクリアブラックになるのでそこはさすがにわかると思います(^_^;)
(設定で変更可能)

 

Windows10の追加された機能の一部

Windows10の追加された機能の一部

他にも新ブラウザ「Microsoft Edge」が追加されたり、画像のようにミュージックなどが追加されたんだけど、使う予定がないので別にどうでもいいですw

 

スタートメニューが復活した。

Windows8で無くなったスタートメニュー、8.1でそれっぽいものができたみたいだけど「なんか違う」感じだったそうですが、8/8.1ノータッチなのでこれもどうでもいいですw

 

Windows10にアップグレードをする手段

スクリーンショットを撮り忘れたので文字だけで解説しますw

 

タスクバーの「Windows10を入手」で予約する

Windowsアップデートを普通に行っていたら、いつの間にかタスクバーの右端に白いWindowsマークが出てきたと思います。

そこからWindoes10にアップグレードをするための予約を行い、準備ができたらダウンロードされるという流れですね。

 

ただ、順次配布という形なので、予約してから数日〜数週間待つことになるんだけど、「今すぐでなくてもいい」という方にはこちらで良いと思います。

 

「MediaCreationTool」を使ってダウンロードする

デスクトップの方は予約→配布を待っていたんだけど、ネットブックはさっさと変えたかったので、「MediaCreationTool」と呼ばれるものを使ってアップグレードしました。

その「MediaCreationTool」を使ってWindows10をダウンロード→インストールという流れになり、このツールの良いところは、そのままDVDやUSBメモリにインストールに必要なデータ(ISOファイル)を入れることができるんですね。

 

僕はそのままWindows10をインストールしたのですが、そのうちUSBメモリにも入れておこうと思っています。

 

「MediaCreationTool」はこちらのページからダウンロードできます
Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

あとはポチポチやって、待っていたらWindows10に生まれ変わります(解説が雑w)

 

USBメモリなどへのインストールは選択できる

Windows10はこれまでのWindowsと同様に32bitと64bitがあります。

この「MediaCreationTool」では両方のISOファイルをUSBメモリやDVDに入れることができるんだけど、当然容量が変わってきます。

32bitと64bitのどちらかの場合は4GBあれば十分で、両方入れる場合は6GB以上あるとおそらく大丈夫ですが、複数のパソコンに入れるのであれば、こちらを用意しておくと良いと思います。

っていうか、無駄ですw最近は16GBとか32GBもだいぶ安価になってきていますが、ISOファイルを入れるときにフォーマット(初期化)されてしまうので、8GBのもので十分です。

 

実際にWIndows10にアップグレードした結果

まだアップグレードをしてあまり日が経っていないんだけど、率直な感想としては…

やって良かった!

と、言い切れます。

用途としてネットをメール、オフィスを少々という程度なら今すぐアップグレードしてもいいぐらいオススメできます。

設定を引き継いだにも関わらず、Windows7を初期化した時以上にサクサク動いている気がするし、CPUの負荷も全然低くなりました。

比較のスクリーンショットを撮り忘れたのがかなり痛いです(^_^;)

 

ただ、一つだけ注意しないといけないのが、「アプリが使えるかどうか?」ですね。

ネットがメインであれば大丈夫かと思いきや、今回新しくなったブラウザ「Windows Edge」で動作保証しているサイトがまだ少ないと思います。

 

あ、僕はChromeがメインなので気にはなりませんでした。普通に動くしw

 

一応「IE11」もダウンロードして使えるみたいなので、しばらくそちらを使って様子を見るのも良いでしょう。

InternetExplorer11ダウンロード

 

ただ、WebデザイナーからするとIE全般は「滅んで欲しいブラウザ」なので、これを機にChromeを使ってくださいww

Chromeのダウンロードはこちらからできます^^
Chromeブラウザのダウンロード

 

これからパソコンを買う人はWindows7を買え!

このWindows10の最低動作環境はWindows7とほぼ同じなので、Windows7が動いたらWindows10だとサクサク動きます。

僕のネットブックもなかなかの低スペックだけどサクサク動いているので、このスペックをベースに中古でいいからWindows7を買い、そしてWindows10にアップグレードする方法が一番低コストだと思います。

ちなみにネットブックのスペックは…

CPU:インテル(R)Celeron SU2300(1.20GHz、FSB800MHz、2次キャッシュ1MB)
メモリ:DDR2 2GB(2GBx1、空スロットなし)
SSD(換装):128GB(元はHDD 500GB)

パソコンに詳しくない人には「なんのこっちゃ?」となるかもしれないけど、とにかくこれ同等か、これ以上の数字だったらサクサク動きますってことですw

あとは自分の好みでメーカーを選んでもらえたらと思います^^

 

中古パソコンは、ビックリするぐらい安くパソコンを手に入れられますねw

こちらのサイトなら、Windows10のベースにぴったりなパソコンが見つかりますよ^^

※古いMacのパソコンもありましたが、さすがにそちらはやめときましょう(^_^;)

 

もし、何を選んでいいかわからない場合は…これ↓

あ、2014年のモデルが良いですよwMacbook Airを全力でオススメします!(え!?)

 

では、今回はこの辺で!

※Windows10の関連書籍

PS.

「自分にはパソコンなんて無理!」っていう思い込み、アクセスバーズ®で手放すことができますよ^^

 

アクセスバーズ™️を詳しく知りたい?

アクセスバーズ™️を、わかりやすく解説したメルマガ講座やってます。

登録していただいた特典として、

アクセスバーズ™️のセッションを特別価格で受けていただけます^^

 

アクセスバーズ™️を受けてみませんか?

バーズ™️ファシリテーターになって、ますますパワーアップ!?

アクセスバーズ™️セッションのお申し込みはこちらまで^^

Facebookアイキャッチテンプレ02

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします。

Twitter で

mineo

記事が気に入ったらシェアをお願いします^^